マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

そして

 流れるままに生きてみてもいいんじゃないかな。

 誰だってさ、きっと過去が綺麗に見えて、未来へ手を伸ばすのが億劫になることだってあるよ。

 逆に未来に手を伸ばそうと藻掻いて足掻いて過去に大事なものを置き忘れてきた人もいるしね。

 流れに逆らって泳ぐのか、流れよりも速く泳ごうとするのか、そんなことはきっと関係なくってね。どっちにしてもパワーのいることなんだよ。パワーを使うと当然疲れるし、腹も減るし眠くもなるし。

 人と平行に泳ぐことも、他の人と違う場所を泳ごうとしても、誰かと一緒に泳ごうとしても、自分にまとわりつく流れは自分だけのものしかないじゃない。人との距離はその流れを共有するうれしさにあるってことも忘れちゃダメだけど。

 だから、少し休んで流れるままに行ってみても良いさ。人はそんな簡単に沈まないようにできてるんだから。

 現状を打破しようと足掻くより、流れるままに行ってみたら、以外と何かが見えるかもしれないよ。

 そりゃ、何もなかったらどうするのってことはあるだろうけど、何もないのは今も同じじゃないのかい。

 そう、見てごらん、何が見える?ナニモナイダロ?

 何か解ったら、見えたら、考えが浮かんだら。

 また足掻いたらいいさ。

そんなわけで、ある意味私信なのですが、誰に向けてるかは内緒。