マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

どうしようもねえな。

 トップはナビスコカップ予選、4-1の負け。全然ダメだ。

 変わってユース。プリンスリーグのVS金光大阪戦。前半はぬるーく試合が進んでましたが、篠原君投入後、その彼がさっさと得点を決めて一気に形勢をセレッソに引き寄せ、コーナーのこぼれ球を混戦の中、武田君が詰めて2-0の勝利。期待の柿谷君はエリートプログラムに呼ばれていて、出場せず。未来のセレッソの攻撃を担う人材、中山君は不発。少々いらいらしてる模様。

 その後、第2試合の枚方フジタVS洛北の試合をマッタリウォッチ。洛北の子の声の多さに感動。たぶん組織守備ってのを重点にやってるんだろうな。ほぼフラットの3バックはお互いに声を掛け、GK→DF→MF→FWにどんどん声が繋がっていく。対して枚方の声の少ないこと。2点を追いかける展開になった枚方は、もっと声を出し気持ちで当たって欲しかった。

 見た目は滝川第二のほうが強そうだったけど、洛北はそういう技術的なものを声でカバーしていくチームだなと思いました。

そういうのが初心だろうな。