マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

サッカーの話をすると

 切なくなっちゃうんですが。

 とりあえずJユースカップEグループ1節、セレッソVSヴァンフォーレの試合を南津守で見てきました。

 下馬評(あるのか?)通りセレッソが勝ったわけですが、前半開始早々の柿谷君のゴールが無ければ、正直どう転んだかわからないゲームになりました。

 FW中山君は怪我のために動きが重い、もう一人の岡村君も決定機に外しまくる。これを繰り返すうちに甲府のカウンターの危機に晒されました。

 ボランチのキャプテン、「美男子」中浜君の頑張りもあって、不満も残るだろうけど1-0で勝ちならOK。

 と思われた後半40分過ぎにやっと岡村君が炸裂。続いて交代で入った川口君もゴールを決めて終われば3-0でした。いや、君ら点を取る場面が違うから。でも良いや、面白かったから。

 貴志監督曰く「初戦でしたので、固かったんじゃないか」との事でした。ふむ、いつもの彼らか。しかし勝ち点3を見込める相手からきっちり取ったというのは、彼らにとっても嬉しいはずです。

 甲府は悪くも無く。組織力は高く、声も良く出ていたので次の試合はホームで、もうちょっと頑張るんじゃないでしょうか。しかしこちらもアウェーとはいえ、勝たせていただくつもりです。

 とりあえず甲府に2勝すれば、強豪浦和、そして夏には引き分けに終わった横浜FMとの対戦も楽になるはず。頑張っていきたいものです。マイクハーフナーをマークした武田君曰く「凹みます」だそうで……。あいつそんなにスゲーのか。仕事させなかった武田君もなかなかやるのぉ。

 3年にとっては最後の大会。是非是非少しでも長くやってもらいたいので、トーナメントまで勝ち進みたいっす。

 余談になりますが、U-12(U-15かな。古賀さんが来てたからU-12かと思ったら、あの人今U-15のコーチなんすね)の子等に、友人が

「お前らが頑張ってセレッソ強くしてくれよ」

というと

「はい!」

って元気な声が。モノのついでに俺も

「どこに負けても構わんけど、あいつら(吹田)には絶対負けんなよ」

「はい!」

 めちゃくちゃ嬉しかった。この子等はセレッソに愛情がある。クラブへの誇りを持っている。

癒されるなあ。