マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

ユース話も交えつつ。

 柿谷君がストライカーキャンプに呼ばれました。

 この前のブラジル遠征では、FWとして使われてたようなのでまあ良いんですけど、俺はあのテクニックをもっと伸ばしてもらいたいなあ。しかしJYCで2戦連続ゴール中。世紀のごっつあんゴーラー武田と、トトを外れさせれば日本一の永島から、良いお話でも聞いてきてくださいな。

 ……まて! JYCの三節と日程被ってるじゃねーか! どーすんだよ。出ないの? 出ないだろうなあ。

 ああ。中山君の離脱で個人的に痛いのに、期待の星、柿谷君も居ないとは。

 でもまあ、川口君も永井君も良いし、その辺は心配しないでおきましょう。レッズ戦は山場ですから、選手も気合入れてくれることと信じてます。

 さて、日本代表が普通に勝ちました。一次予選突破。

 しかしオマーンは良いチームでしたね。マチャラ監督、見事なチーム作り。でもそれでもやはり日本が上回れるのは、経験とテクニックに差が出てました。

 組織力ではもしかしたらオマーンのほうが上回ったかもしれません。だからこそ0-1と言うスコアに落ち着いたんじゃないかな。

 あの組織力や、相手の嫌がるところを徹底して攻めようとする姿勢は、これからの日本代表に必要な部分ではないでしょうか。「個人の差」がきっちり出た試合で、このことは学ぶべきだと思います。

 よく言われることですが、最終予選はもしかしたらW杯本選より厳しいものになると思います。

 同じメンバーを極力使って、個のレベルでの意識合わせで抜け出せた一次予選でしたが、最終予選に向けてチームレベルでの意識合わせと、そのための駒をもう少し増やしていただきたいなと思います。

 U-23の選手はA代表にもっと入り込んできていいと思いますんで。何のためのオリンピック代表であったか。アテネ経由ドイツ行きは(それくらいは)実現していただかないと。

そしてJ再開の週末。