マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

言葉と気持ち

 「勝てばOK」の柏レイソル。「勝たなければ絶望」のセレッソ。言葉の差は気持ちの差にならなかったのか。

   西澤 

 大久保 森島

古橋    酒本

  布部 久藤

 下村 柳本 上村

    伊藤

 前節からDFが大幅に変わった。2人の出場停止を入れ替え、GKを出場停止明けの伊藤に戻す。

 ウエミーには大変申し訳ないが、この時にベテラン控えDFがいて、心底良かったと思う。勿論、コンスタントに試合に出るほうが、選手にとって大切なことであるのは承知の上での発言だが。

 ただ、左のDFに東美が起用されたことで、DFの層の薄さを実感することとなった。

 しかし新潟は怖い存在のブラジル人3TOPの二人が出ていない。ラデリッチが出ないことで一番懸念された高さでの武器がやや弱かったことが幸いした。

 序盤は完全にセレッソがペースを握った。前節MVPの久藤が引き続き好調だったのが大きな要因だと思う。ハーフから敵陣の位置での守備がかなり光った。決定的なパスこそなかったものの、戦略的ないわゆる「狙ったパス」が随所に見られた。

 このペースのうちにセレッソが先制する。古橋の蹴ったCKをエース大久保がヘッドでねじ込んだ。

 前半、DFはこの先制点を見事に守った。ヤナギ、ウエミーは寸でのところで相手を止めた。ボランチ久藤の活躍はここへ繋がったと思う。

 しかし後半、すぐさま悪い癖が出た。もう一人のボランチ、布部がヤバい。久藤が相手陣内で守備をするとすれば、縦の関係を保ちたい布部は自陣の中盤に対するケアが必要だが、それがままならなくなっていた。

 エジミウソンをスピードに乗せる前に潰したかった。当たりに行って欲しかった。

 ぐっと腰を落とし守備の姿勢をとった布部をあざ笑うように、その横をエジミウソンが楽々とすり抜けた。布部はヤナギに当たりに来いと言ったらしいが、ヤナギは正直スピードで抜かれないように付いていくほうが得策だった。その後ろに上村が控えた。が、結局シュートがゴールネットを揺さぶった。

 当たりに行くのは布部、お前だ。抜かれた後、スピードでもまったく追いつけなかったのだから、やはりそこは擁護できない。

 その後も同じ展開をいくつか許した。当たりに行かない、スライディングを悉くかわされる。その度にピンチを招いた。

 業を煮やした小林監督は、布部を苔口に変える。ベンチメンバーを見たときに、布部の代わりなどいないと思っていたから、この出来の布部が終了までいることになると、確実に逆転を許しただろう。久藤、モリシが少し下がり目の位置に入り、布部の代わりをこなした。

 攻撃に関して、中央の久藤が引いてしまったことで、サイドに頼らざるを得なくなった気がする。サイドではシャケが頑張った。史上最狂監督にサイドバックをやらされた挙句に調子を落としていたが、昨年のような切れがあった。勝負に行くことでCK、FKを獲得できた。

 しかしながらどうしても勝ち越し弾を奪えない。クロスバーに嫌われたり、相手GKの好守に阻まれた。

 同点では入れ替え戦が濃厚。守備に回ったモリシを下げ、前線に徳重を投入した。

 アタッカー陣は果敢に狙った。そしてその頑張りがハンドを誘発し、PKを得た。

 キッカーは大方の予想を裏切り、嘉人だった。コースは読まれた。足が上がっていなかった。それでもそのボールを、チームの願いを、ネットに突き刺した。

 東京V戦でのロスタイム同点は、前節、今節に生きた。時間をゆっくりと使う。左サイドでコケ、アキ、嘉人、徳重がなりふり構わぬキープを見せる。新潟選手やサポに卑怯すぎるだろ、と言われてもまったくおかしくないほどに。

 新潟のパワープレイで投入されたオゼアスもきっちりと押さえ込んだ。

 タイムアップの笛が鳴る。すでにビッグアイの結果を知っていたベンチから人が飛び出してくる。2004年、シーズンの終了を告げるホイッスルになった。

 勝たなければいけない試合。しかも勝っても入れ替え戦の可能性のある試合だった。しかし選手は他力であろうとも、この試合を「勝たなければいけない」試合と位置づけ、そしてその通りに事を運んだ。

 ビッグアイ。同点で試合を終えた柏レイソルは、「勝てば良い」試合を3つ連続で落としたことになる。言葉遊びになるかもしれないが、メンタルへの影響を感じずにはいられない。後がある気持ち。後がない気持ち。土俵際で踏ん張ったセレッソに軍配が上がったのも、頷ける結果なのかもしれない。

んで今回は日記と観戦記入れ替え。←まだ入れ替えという言葉にビクッとなるなあ