マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

どのカテゴリでも一緒ですが

 ユースは昨年、Jユースカップで良いところまで登りました。今年トップに昇格した山城、GK稲田など、結構良い素材が揃っていたと思います。

 その3年、いわば主力が抜けたチーム。学生カテゴリではしょうがないですが、また違ったチームになっていくのです。

 新3年になった中浜君をキャプテンとし、田所君、武田君、森本君など、DFラインには強力なメンバーを持ち、新2年の福井君、宇佐美君がサイドを固め、岡村君、中山君など、ストライカーにも良い面子は揃いました。

 しかしながら、プリンスリーグ初戦の神戸国際の試合。コンディションも悪かったですが、大丈夫かなという印象が残りました。

 続く第2節、グループ最大のライバルであろう滝川第二に何とか引き分けました。

 この時に思ったのが、このチームはメンタル的に弱い、という点です。とにかく攻撃にせよ守備にせよ、一点ごとに一喜一憂してがらりとチームが変わるのです。

 続く金光大阪戦、スコアレスドローも止むなしかと思われた後、1点取り、調子に乗って2点を連取します。これでこのチームはそういうチームだと確信できました。

 枚方フジタ、奈良育英に連勝し、このままグループ突破は確実かと思われました。

 全日本クラブユース選手権、関西予選をはさみます。Jクラブとの真剣勝負。しかし京都に負け、神戸に何とか引き分け、ガンバには完膚なきまでにやられました。この結果、関西第5代表決定戦に回ることになりました。

 プリンスのGL再開。残り2節をどっちか勝てば突破だったはず。しかし洛北に引き分け。そして(結果プリンス準優勝の)草津東についに土を付けられました。滝川第二枚方フジタに何やら凄い大差で勝ったため、GL突破ならず、というプリンスリーグの結果になってしまいました。

 しかしながら、全クラの第5代表決定戦はエストレラ姫路に圧勝。何とか(規定路線とも言う)全国大会に駒を進めることが出来ました。

 Jビレッジでは強豪横浜FMに引き分けました。中山君の怪我は確かに痛かったですが、川口君が見事なプレーを見せてくれました。俺はいまだにマイクハーフナーを押さえ込みまくった武田君の姿が忘れられません。しかしこの後、Jユースカップで再び対戦することとなる横浜に、良い意味でのヤバさを植え付けられたと思います。

 しかし、本田FCに辛くも勝ちながら、愛媛FCに痛恨のドローで予選敗退。中山君のお母さんが用意した10枚のパンツは、またしても使われることなく大阪へ持って帰られたのでした。

 3年にとって最後の公式戦。Jユースカップがスタート。横浜、浦和、甲府と同組みでした。甲府には申し訳ないが、ここからは勝ち点6を奪っておかなければ話になりません。

 しかしながら初戦は柿谷君のゴールの後、なかなか追加点を奪えませんでしたが、終了間際2点目が入った後、3点目を続けざまに取ったあたり、春先のままのチームであると判明。面白みと不安が交互にやってきます。

 続く2節は甲府との2戦目。今度は危なげなく(ってこともなく)大差で勝利しました。が、中山君、夏の怪我から復帰したのに前十字靭帯断裂の大怪我。多分ピッチに戻るまでは1年かかる模様です。彼は来年3年生ですので、まだチャンスはありますが、大きく出遅れてしまったことも事実。それもこれもみんな久藤のせいだ。

 彼は凄く姿勢が良い。ドリブル、シュートの体勢は天性のストライカーを感じさせます。だから大好きなのです。本当に早くよくなって欲しい。

 続いてはアウェーの浦和。ここで押しながらもドローに終わったということを聞き、ちょっと不安を感じていました。一発のFKにやられたそうで。

 メンタルの悪さがもろに出てしまったのが横浜戦でした。0-2の完敗。シュートも打てずに相手のペースにもろに巻き込まれた格好になりました。永井君は要反省。

 その後の浦和戦でも2度のリードを守りきれませんでした。追いつかれる展開、そう言えば今期なかったからかもしれません。

 この時点でJユースカップのGL敗退は決まってしまいました(厳密にはその後の他グループの結果待ちでしたが)。

 最終節は3年のさよなら試合になりました。

 GKの横山君、キャプテン中浜君、怪我を押して出場の森本君、途中のパワープレーに気迫を見せた武田君、所狭しと駆け回る田所君、川口君。

 皆必死にやっていました。しかし結果はボロ負け。最後までボールを追い、井戸君の意地の一点をもぎ取りました。

 気丈に上を向いていた中浜君も、礼のあと顔を上げられませんでした。

 彼のお陰で、良いチームでした。そもそもサイドとか前目の選手だったのに、チームの中での役割はボランチでした。中盤をよく締めてくれました。篠原君が育った気がします。

 チームを育てるのは勿論監督やコーチです。でも彼らが成長していくのは彼らの力でしかありえないのです。

 そういう意味で、最後の試合は彼らの成長をしっかりと見せてもらえました。残念ながら彼らを来年トップチームで見ることはないようです。

 ユース上がりの濱田、中井、山城には、彼らと同じ時代、同じ思いをしたことをもっともっと思い出して欲しいと思います。残念ながら福王は解雇されてしまいました。トップにユース出身者の定着率が悪いのは悪しき伝統になっています。

 あのときの気持ちを忘れないで。純粋に上を目指した気持ちを、ずっとずっと持って欲しいです。

統括にはならなかったですが、良いお年を。