マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

そんな時代もありました

 日本代表、辛勝。

 もし、相手のオウンゴールが無かったら0-0の引き分け。

 じゃあ無いんですよ。きっと別の結果が出ていたと思うですよ。サッカーは90分で状況が刻々と変わる競技。あのまま0-0ならもっと別の手立てを両軍打ってくる。そのベンチワークも含め、面白い競技なんだと思いますです。

 まあスポーツの世界にタラレバは禁句なんて言いますが、俺らサッカーファンはタラレバでしか試合を語れないし、それが面白いと思いますです。

 オウンゴールも立派な得点。ジーコも言ってますが「攻めに行った結果が生み出したゴール」です。なんら恥じることは無い。W杯が確実に近づく1点、です。

 さて、夜勤だったので他所の地区はほとんど見れなかったんですが、南米のウルグアイVSブラジルだけは何とか見れました。

 ウルグアイサラジェタオリベイラ。ブラジルにエメルソンとユーベ含有率の高い試合でしたな。

 ブラジルに一泡吹かせたいところであと一歩届かず、ウルグアイはドローに持ち込まれてしまいました。しかしエメルソンの同点ゴールは凄かったなあ。パッとキーパーの位置を見て、角度の無いところから振り向きざまにシュート。天井に突き刺しました。

 そういえば昨年のJユースカップの浦和戦、永井君が突き刺したゴールもこんな感じだったなと、ふと思いました。

 片やスーパースター軍団のW杯予選というガチ試合。片や島国の降格寸前チームのユース予選。

 得られる興奮や面白さって変わらんものだな、と思います。もちろんその中でレベルの高低やテクニックの度合いは違うものですが。

 さてこの試合、倉敷さんが実況していたのですがブラジル選手交代のとき解説者と一緒に

「え~~~~~!?(変えちゃうの?)」

 と言ってたのに大爆笑しました。

さて、次はJリーグだよ。