マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2005 J1第34節 セレッソ大阪VS FC東京

長居スタジアム 2005/12/03 14:00キックオフ

天候 晴れ

 通常営業に戻す為にも書いておかねば。

  西澤

 古橋 森島

ゼ    久藤

 下村 ファビーニョ

柳本 前田 藤本

   吉田

 金曜日に「勝てば優勝ですか?」と聞いてきた会社の人たちが反応に困っている月曜日。いかがお過ごしですか?

 ここ2試合そのままだった気がするなあ。

 サイドの部分と、押し込まれたときに圧力に屈してしまうこと。

 何で去年、最終戦で見せた鬼キープが出なかったんだろうなあ。

 丸っきり相手の思う壺というか、セレッソから1点もぎ取るにはパワープレーでグイグイ押すだけってイメージになっちまった。

 シーズンの調子が良かった頃は、それをスッといなしてた感じだったのに。

 相手のパワープレーはこっちのカウンターの最大チャンスだったし、今年はそれが出来るチームだったよな。

 それを信じきれなかったんだろうか。

 俺自身最後のほうは、押し上げろ! と届かない声を上げ続けてしまった。

 前から仕掛けてパワープレーを押し返して欲しかったなあ。

 モリシが下がったら、その前線でのいやらしさが顕著になくなっちまった。

 誰かモリシの居ないピッチの状況を、もっと冷静に見れなかったのかな。モリシのやっていたことの重大さに気付かなかったのかな。今期、これは必勝パターンともいえる展開だったはず。

 それは経験なんだろうね。

 特に先発DF二人がルーキーだった。彼らを責めるわけではないけども、そういうのはやっぱ大事だよ。

 でもね、逆に物凄く良い経験になったと思う。

 多分、他所のチームの新人達より目分量で3倍くらい良い経験できた。

 この経験は優勝を目指す上で絶対に生きるよ。

 来年は絶対に「優勝争い」をしよう。

 まあ天皇杯もありますけど、選手同様、俺たちもモチベーションがどこまで上がるかぶっちゃけわかんないんでw

 リハビリ的なものというか。

 もちろん、勢いで取っちまえば良いんですけどね。

アキの2ゴール。胸に響きまくったね。それだけでもマジで良かった。

今日の観戦:もちろん生

 俺は笑われようとも、来年は優勝を目指しますよ。