マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

加入情報

 FCみやぎバルセロナユースより香川の加入が内定しました

 実際のプレーは見たことは無いですが、東北方面ではかなりの実力者との噂。

 高校2年生(来年3年か)で、いわゆる「青田買い」なのかもですが、プロと言うステージは決して甘いものではないことを(いつまでも育成感覚でいちゃいけないよ)自覚して頑張って欲しいものです。

 さて、現時点で新聞報道ですが、我等が柿谷のトップ昇格も決まった模様。

 前にも書きましたが、俺はこの昇格は一応賛成です。

 本人の気持ちや環境を考えた上でのステップアップはきっと曜一朗自身の向上に繋がると信じています。

 ただ。

 フロントはその覚悟をきっちり持っているかは心配かも。

 言っても15歳(年明け16歳ですが)なんですから、フィジカルも技術もまだまだ伸びるし、いずれは代表、そして世界へ行く器だとも思います。

 そうした原石を扱いきれる自信はあるのでしょうか。

 香川の件でもそうです。

 プロ契約という甘い餌をちらつかせただけなら、2001年の新人大量獲得の二の舞にならんとも限りません。

 あと1年なり2年なり、彼らには育成というステージでのプレーが可能だったことを忘れてはいけません。

 もちろん、彼らのやる気(特に曜一朗)はプロというステージを選んだことは確かでしょう。

 5年後(10年後でも十分な年齢だね)に彼らがセレッソの黄金期を築き、代表の中核を担う人材になる、いや、そうするんだ、というフロントの気構えを見せて欲しいです。

この辺、ニシムはちゃんと考えてくれてんだろうね?