マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2006 J1第1節 名古屋グランパスエイトVSセレッソ大阪

瑞穂陸上競技場 2006/3/5 14:00キックオフ

天候 開幕日和、晴れ

名古屋3-2セレッソ

得点:前田、西澤

 私事ですみません。

 わたくし、金曜の晩からぎっくり腰でひっくり返っておりました。

 お布団の中で観戦……。

  西澤

 古橋 森島(徳重)

ゼ(柿本)ピンゴ(山田)

 下村 河村

柳本 ブルーノ 前田

  吉田

 開幕ダッシュ失敗。

 まあ開幕行けないことが確定した挙句にぎっくり腰で寝ていた俺が言うのも何なんですが。

 毎年、開幕が「調整試合」になっている。

 絶対におかしい。

 去年もそうだった。一昨年もそうだった。

 やることは間違っていない的な試合。

 もっと、今年に対する意気込みを見せろ。

 俺たちは上位進出、そしてタイトルを狙うチームじゃなかったのか。

 今まではとりあえず、という試合で良かったかもしれない。けども、今年は違うんだよ。

 気負わずにやって欲しいという面もあるが、今日は気負ってやりたかった。

 今年のチームのお披露目、そして今年の目標の高さをプレーで見せて欲しいんだ。

 さて、ゲームのほうは正直自爆。

 3失点ともミス。

 1点目はそのプレーにつながった相手のショボクロスを見誤って流し、相手に取られてコーナーキックにしたことに起因してると思う。

 2,3点はせっかくゴールを決めたのに前田の見誤り。

 懸念していた東美と河村のコンビはやっぱり少しバランスが悪い。

 中盤が空いたり狭まったり、どっちかに偏り良い間隔ではなかった。

 そしてサイドとアキの、いわばセレッソの攻撃の基点を2人以上で潰しにこられた。

 ここで大きなサイドチェンジや、アキの裏を走りこんでいくシャドウが利くのだが……。

 ロングボールが裏に落ちることはあっても、狙ったスルーパスはなかなか出ないし、サイドへのボールは長すぎたり。

 ゼはなかなか切れていたが、ピンゴが今ひとつの印象。やっぱ山田でいきたいところだ。

 監督のことを好きだということを先に言っておき、それでも敢えて言うが。

 今年も仕掛けるの遅すぎる、監督。

 ピンゴのところは後半早々で良いと思う。

 あと徳さんの使い道を間違えたように思う。

 ただ柿本が十分にジョーカー的な役割を果たしてくれそうなのが今日の収穫。

 こうした「調整試合」見せられるんじゃないかという懸念は当たった。

 いや、当たり前だがそれでもいくのがサポで、そう思うのなら選手が気負いまくるくらい声を上げるのが良いに決まってるけど。

 ぎっくり腰なもんで(以下略

 そして負けたことでもう一つ懸念。

 来週の長居でまた調整試合をしてしまう可能性だ。

 とにかく、あれだけ面子を落とした名古屋に完敗に近い負け方を喫してるのが痛すぎる。

 それを修正するのは当たり前として。

 その修正を意識し過ぎてまた自分たちのサッカーを披露出来ないんじゃないか。

 自分の思い切ったプレーがすなわち積み上げてきたセレッソのサッカーじゃないか。

 せっかく去年のベースがあるんだ。思いっきりやって欲しい。

 前田のヘッドも、アキのバイシクルショットも良いゴールだったんだ。自信を持ってやろうぜ。

しかし俺はぎっくり腰(しつこい)。

今日の観戦:スカパー

 なんか、昨日からとってもスカパー見てる。