マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2006 J1第2節 セレッソ大阪VSガンバ大阪

長居スタジアム 2006/3/12 15:00キックオフ

天候 ゲームの間は雨が止んだ

セレッソ1-6ガンバ

得点:西澤

  西澤

 古橋 森島(柿本)

ゼ(徳重)ピンゴ

 下村 河村(宮原)

柳本 ブルーノ 前田

  吉田

 最低だね。

【フロントへ】

 俺らは「大阪サッカー祭り」に加担するつもりはまったく無いのだが。

 ダービーという言葉だけで興行を盛り上げようとするのはそろそろやめにしないか?

 横断幕の内容にまでけちをつけるのは酷い。

 あいつらとトムとジェリーするつもりはさらさら無い。

 来年「絶対負けられないダービー」なんて言ったら見に行かない。

【選手へ】

 修正した結果が得点半分、失点倍増か。

 またこの試合後も修正点がとか言ってるが。

 誰かさ、負けられないとか言っておいて、これ以上無いくらい無様な負け方をして土下座してくれる選手でもおらんか?

 そんなもん、望んじゃいないけども。

 去年は開幕3連敗、そしてGとの試合に勝たなかったことが優勝を逃した大きな要因だと思ってるでしょ。

 その2つも結局「また」逃してるんだよ?

 今年も無理?

 修正なんて言葉もういらん。修正せんでもええから、勝て。

【監督へ】

 ピンゴへのこだわりはなんですか?

 はっきり言って、連携の不足だけじゃなく、ピンゴは「守備が出来ない」ことが一番の原因のように見えます。

 苦手ながらも一生懸命やってる選手だっているのに。

 まったく守備しないのでこのチームの生命線である全員守備が出来ないんですけど?

【サポーター各位】

 やっぱ俺らは一つにはなり得ない関係じゃないかと思いました。

 一生懸命「ピンゴを変えろ」「山田を出せ」それしか言わない人が居たが、ぶっちゃけて言うと「ならお前がS級とって愛するクラブを優勝させてくれよ」

 目の前に居るのはボロボロのピンゴ。

 そしてそれがのうのうと試合終了までピッチに居座ったということ。

 寒い事実には違いない。

 けども、そんなことをガナリたててもしょうがないだろ。

 何を俺たちは伝えるの?

 何をあなたは伝えたいの?

 その思いは一つのはずなのに、ちぃとも一つにゃなれない。

 4点取られて「さあ行こうぜ」さあって何?行くってどこ?

 5点取られて「戦え」遅すぎるんじゃない?

 俺みたいに伝えることが無くなったら退場したらいい。

 自由に退場できるのも12番の特権だ。

【総括】

 ミスで3失点。どこを修正するんだ?

 もう俺たちに「去年のベース」は無いんだ。

 そしてそのことをさらに教えられた試合になった。

 また「絶対残留」から始めなきゃいけない。

 うまく事が運ぶようになったら、当初の目標である5位くらいには滑り込めるだろう。

 俺たちは俺たちのヒーローに残された時間が少ないことを知っているのにな……。

悲しいことだよ。