マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2006 J1第3節 横浜FマリノスVSセレッソ大阪

日産スタジアム 2006/3/18 16:00キックオフ

天候 雨っすよ。突然。

横浜F3-1セレッソ

得点:森島

 私事で前半途中からの参加。

 着いたときは1-1。

   西澤

 古橋 森島(徳重)

ゼ(柿本) 山田(酒本)

 下村 ピンゴ

藤本 ブルーノ 前田

   吉田

 だから俺が着いてからは0-2だった。

 良くなる兆候がちょっと見えない。

 開幕から思ってるけども、サイドの人選より、サイドを上手く使うことが出来ていない。

 ただピンゴがボランチ、山田が右サイドの布陣はそれなりにフィットしたんじゃないだろうか。

 でも前出の理由であまりそこに怖さを感じなかった。

 正直、チームとしてのクオリティの低さが顕著だ。

 連携もそうだし、つまらないミスもそうだ。

 3失点ともミスが絡んでる。

 ただミスした選手を責めても今はしょうがない。

 クオリティが上がれば、このミスをカバーできたり、勿論本人がミスをなくしていくことに気を使えると思う。

 このチームを応援すると、つくづくサッカーというスポーツの難しさを感じるし、また面白さも感じる。

 サポーターもとにかく今は気持ちの面で複雑だ。

 このままで良い筈が無いし。

 でもまだ3節目、去年と同じ最下位からのスタートとなる。

 俺自身は、ここをボトムとして始めて欲しい気はするが、ぶっちゃけ「底が見えてない」状態かも、と思う。

 ここ近年、得意にしている浦和との対戦。

 悪くても底を着くような試合にしておかないと。

 監督を変えることが着底の条件とは思わない。

 けど、そこを機に浮上するのであればやむをえないところもあるが、今は絶対時期が違うと思う。

 西村GMも監督交代は考えてないようだし、ここは全員が意識を変えてやっていくしかないんじゃないだろうか。

 サポも同じで、監督を変えること、メンバーを変えること。いずれも含めて自分達も戦える意識への変換をもっと考えよう。

 因みに俺はやっぱ、底が見えない状況で手探りのチーム編成変更には賛成できない。

 ポボルの時も、副島のときも、俺は底を見たからこそ解任賛成派だった。

 西村解任のときは正直、底ではなかったと思う。

 ムズロビッチとか、底も限界も見るまでに切っちまったし。

 その結果、どうだったろう?

 もう少し我慢が必要に思えないだろうか。

難しいけどね。一度俺達自身も気持ちをリセットしないか?