マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2006 J1第5節 セレッソ大阪VSアルビレックス新潟

長居スタジアム 2006/3/25 15:00キックオフ

天候 晴れてるね。春だよね。

セレッソ3-1新潟

得点:古橋 ゼ×2

 勝ちそうな予感はあった。

   西澤

 古橋 森島(河村)

ゼ     酒本

 下村 ピンゴ(山田)

柳本 ブルーノ 前田

   吉田

 一息つける、本当に良い勝利になった。

 でも満足はしちゃいけない。

 今日は両サイドが良かった。

 特にシャケ。

 もう一皮向けるチャンスを手に入れた感じ。

 攻撃面でもう少し前へ行けるとさらに良くなるだろう。

 動けなくなるまで、全力でという気持ちが見て取れた。俺的MVP。

 先制点のシーンはそのサイドを追い越してピンゴがセンタリング。モリシのヘッドを古橋が打ち、一度は弾かれたものを落ち着いて決めなおす。

 これも良かった。

 本当にここまでの古橋は見てられない表情をしていたから。

 ビデオ見直してみたら、嬉しさよりも安堵の表情が強いように見えた。

 2点目はゼのPK。現地ではなぜPKかと思ったが、思いっきりハンドですな。

 ごめんね、ごっつあん。

 これはかなり精神的に安定できた2点目になった。

 後半開始早々、やはり新潟エジミウソンに4人ほどぶち抜かれて決められたけど、ここでリードを持っていたことは本当に良かったと思う。

 DFに粘り強さが戻っていた。

 吉田のファインセーブも幾度か飛び出し、守備のリズムも崩れなかった。

 でもやや危険なバックパスが見られた。バックパスが悪いわけじゃないけど、どんなパスより成功させなければいけないパスなのだから、もっときっちりやろう。

 とどめのゼのFK。

 でもなぜあの位置で古橋コール。

 その場に居た人はわかるだろう、

「これは入る」

 というような空気。ゴラッソ。

 あとは危なげなく乗り切って、ようやく今季初勝利。

 長かったなあ。

まあまだ満足しちゃいけないわけだが。