マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2006 ヤマザキナビスコカップ第1節 セレッソ大阪VSジュビロ磐田

長居スタジアム 2006/3/29 19:00キックオフ

天候 寒いよ。冬だよ。

セレッソ1-0磐田

得点:森島寛

 素直に「あれはジュビロじゃない。ジュビロの皮をかぶった何かだ」

   西澤

 古橋 森島(徳重)

ゼ     酒本(河村)

 下村 ピンゴ(山田)

柳本 ブルーノ 前田

   吉田

「水曜のナビスコカップみたいな試合しやがって」

 とお仲間。まったくその通り。

 ジュビロは代表組がいないので、正直誰が誰やら状態。

 とは言いつつ、カレンや西、茶野も居るしまあそこそこの面子なんでしょうか。

 それにしたって酷すぎる。

 パスは繋がらない、動き出しは乏しい、かなり単純なミスを何連発もかます。

 それに合わせてしまい、こちらもぐちゃぐちゃ。

 緊張感に乏しい試合に。

 しかしながら、個人や連携をもう一度確認するには良かったかな。

 局面での1on1とか、ボランチの連動は良かった。

 ピンゴのパスアンドゴー、連動したサイドの動きやフォローは新潟戦から見ても良くなった。

 それとやはり粘り強い守備が大分戻ってきたなと。

 危ないシーンは数えるほど。

 そんなシーンも凄くフォローが早くなっているなぁ。

 ただこうなると攻撃がいかんともしがたい状態になる悪癖も出る。

 特にサイドが良い分、中のほうがちゃんと使えない。

 そこで後半早い時間に山田投入。小林監督、良いっすよ。ナイスですよ。

 俺が監督でも悩むだろうな。これほどの選手をベンチからってのももったいない。

 けど、明らかにチームのスイッチが切り替わる。

 そんな存在感をビシビシ発揮するエキゾチックターミネーター(笑)

 このジュビロに負けどころか分けても恥ずかしいと思う気持ち満載だもんね。

 ピンゴとは違い、相手の嫌なところを突き、自分たちの嫌なスペースをフォロー。

 これで中央からの攻撃にも厚みを増す結果となる。

 そんでその山田、中でスルーパスをモリシに通してゴール。

 この試合、唯一のゴールを奪う。

 その後はやや引き過ぎかとも思ったが、今日のジュビロとの差は歴然。

 徳重、河村を投入。時間もきっちり削って逃げ切った。

 この試合で、また問題点の修正が出来ると思う。

 アキに当てた後、それを追い越すシャドーの動きが乏しいこと。

 山田が居ると大分マシにはなるけども、守備の意識が高くなりすぎてベタ引きすること。

 ただカウンターアタックの時、両サイドのゼとシャケが両人ともきっちり前線に顔を出したのは高評価。

 さらに相手側の時もポジション変更に気を使いながら守備をしたり、サイドはますます良くなったじゃないかな。

 何にせよナビスコ初戦を勝利で飾ったのは良いこと。

 タイトル奪取への1歩というのは、選手サポーターも同じ気持ちだったんじゃないかな。

 さ、土曜日はリーグ再開。J2上がりながらも抜群の攻撃力を誇る甲府

 粘り強い守備を優先させるのか、2003年のセレッソのように攻撃力が圧倒しすぎてもろい守備陣との打ち合いを演じるか。

 今年のセレッソはスカウティング担当も居るらしいから、この辺りのバランスを良く見てやって欲しいな。

 相手は「今年降格しても悔いの無いサッカーをしよう」という守るものが無い状態。

(これは大木監督のポリシーでもあるようだ)

 こちらは「良くなったチームを壊したくない」と思う気持ちが優先しては厳しいかな、と。

 甲府のサッカーは精度がやや低い。そこを(シュート)精度の高いバレーが穴埋めしてる感じだ。

 個人レベルではこちらに分があると思うので、それを生かしていこう。

切り替えは続くよ、どこまでも。

今日の観戦:生←このコーナー忘れてた

 仕事帰りで超ヌルヌル。

 ビール片手に野次りながら観戦するのは凄く久しぶりだ。

 でもね、気持ちは入ってたよほんとだよ信じてよ信じてったら嘘じゃないよ。