マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2006 J1第6節 セレッソ大阪VSヴァンフォーレ甲府

長居スタジアム 2006/4/1 15:00キックオフ

天候 晴れて暖かくなると予報した奴に今日の審判と同じ罰が下りますように

セレッソ2-3甲府

得点:ゼ、西澤

 このエントリーに書いたとおり。

 今日の試合、甲府に対して「受けて立つか、受け流すか」のどちらかだと思った。

 決して受け止めてはいけない。

   西澤

 古橋 森島(徳重)

ゼ     酒本(柿本)

 下村 ピンゴ(山田)

柳本 ブルーノ 前田

   吉田

 結果はそのまま、受け止めてしまった。

 甲府ウォッチャーの俺だが、また再びしかもJ1の舞台で戦うことになろうとは。

 

 そしてやはり荒削りなサッカーだった。

 個人技ではセレッソに分がある。

「だから」

 甲府は組織で守備をする。

 それだって決して褒められたものじゃない。

 ただ個人ではやられるかもしれない、でもとりあえずやらなきゃ、やっぱり抜かれた。

 でもそこには次の選手が待ち構えている。

 ボールに対する執着心をもって、守備にあたる。

「だから」

 簡単なワンツーやショートパスで攻撃していく。

 個人で突破出来ない。フォローや壁役を作ってやらなければ。

 そしてフィニッシュも精度にかけるから、みんながゴール前に詰めていかなきゃいけない。

 物凄くチームとして当たり前のことをきっちりこなした甲府

 3つのゴールは全てその結果で勝ち得たものだ。

 そこに立ち向かうセレッソは、当たり前を当たり前に出来なかった。

 パスアンドゴー、簡単なワンツー、そしてマークの受け渡し。そしてシュート。

 何が悪いわけじゃない。ボールを簡単に持てた、キープできた、パスが通せた。

 だからどんどん基礎を忘れていった感じだった。

 その結果リズムを失う。

 ゴール前にいけるのにシュートが打てない。突破してきてもラストパスが出ない。

 結局PKと唯一といって良い、そのラストパス(クロス)がゴール前に繋がりアキのヘディングで得た2ゴール。

 これだけ悪くても、相手の力を考えたら2点は取れるんだ(モリシゴール、ハンド見逃しは酷いが、前半のPKがわけわかんないから相殺)

 何故負けたか。

簡単なことだよな?坊やだからさ(違

今日の観戦:生

 まあ色々言いたい事はあるけど。

 まあ明日くらいに言っちゃうか。言いたいこと。