マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2006 J1第7節 JEFユナイテッド千葉VSセレッソ大阪

フクダ電子アリーナ 2006/4/8 15:00キックオフ

天候 晴れ時々雨

セレッソ1-2千葉

得点:西澤

 やっぱ、おかしいというか、ばらばら。

   西澤

 古橋 森島(柿本)

徳重(苔口)酒本(河村)

 下村 山田

柳本 ブルーノ 前田

   吉田

 馬鹿みたいなミスからさっさと2失点。

 簡単にしとく。

 前半のサッカーはてんでばらばら。

 個人でしかサッカーをしてない。

 連携なんてどこ吹く風。相手のサッカーに合わせるとかじゃなく、自分のところに球が来てから動くという意味で「リアクションサッカー」とでも呼ぼうか。

 後半頭からシャケを河村にして、そこからは結構リズムが変わった。

 柿本も体を張ったが、苔口はちょっと目立てなかった。

 ピンゴとゼが腸炎でお休み。

 山田が凄い活躍を見せる横で、懸念している選手がやっぱりよろしくない。

 ただ後半の猛攻時間に感じた気持ちのこもったプレーは認めたい。

 この後半からの流れは「良い予感」だと実は思ってる。

 なんというか、やっと底に着いた感じがした。

 

 でも遅いんだよね。リーグの夢は遠く彼方に霞んでしまった。

 そしてこだわった部分を結局捨てられない気がするんだよ。

 個人攻撃みたいで嫌なんだけど、やっぱ東美、古橋は少し休むべきだ。

 俺は小林監督のその「こだわり」みたいなものが好きでもあり歯がゆくもある。

 使い続けることで良くなることもあるし。

 でも今、古橋→徳重、下村→ピンゴという選択はきっと色々な意味で「あり」だと思うんだ。

 試合終了後のあの微妙な空気、そして悶着。

 出せる膿は出したほうが良い。でも「ただ単に(個人が)嫌い」という感情であの悶着を起こしてはいけないと思うんだ。

 それはもう「応援」じゃないから。

 ただ、多分良くなる兆候はある。

 取捨選択をセレッソにかかわる全ての人が間違えなければ良い。

 スタメン、監督、選手、サポーター。

 このフクアリで見たもの、きっちりと反芻すればきっと見えてくる。

とりあえず、疲れた一日でした。

今日の観戦:生

 悶着については語らないでおく。

 まあ色々な気持ちがわからんわけじゃないからね。

 しかしフクアリ、良いスタジアムですな。