マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2006 J1第9節 サンフレッチェ広島VSセレッソ大阪

広島ビッグアーチ 2006/4/22 15:00キックオフ

天候 雨のようだ

セレッソ1-1広島

得点:徳重

 劇薬を使った同士の対決ははたして。

   西澤

 徳重 森島

古橋    酒本(苔口)

   下村 

ゼ ブルーノ 江添 山田

   吉田

 同志のお宅でヌルヌルBS観戦。

 正直、前半0分というか、0秒といっても過言ではない失点に萎えた

 本当はあれをこっちがしたかった。

 はっきり言ってしまうと、広島はちょっとやばいと思う。

 ただそれを沈めることが出来ない時点でセレッソも終わってるんだが。

 ただ、これからを考えたら、セレッソのほうに光明はあると思うが。

 俺は個人的にこのフォーメーションを凄く見たかった。

 ただこうなったとき、

 ・東美1ボランチで平気か?

 ・下げたゼが守備はともかく、攻撃でも生かしきれるか?

 この2点が心配で、そしてそれはそのまま的中してしまった。

 両サイドバックは少し絞り気味にプレーをして、更に前列のサイドを使おうとしていたが、その辺りのコンビネーションのもつれからか遅い攻撃になる。

 さらに東美が守備に力を割くあまり、中央からの攻撃や、その中盤の辺りを支配し切れなかった。

 こうなると1トップのアキが下がってやるしかなく、しかしそこからモリシへのスルーパス、こぼれたところを徳さんが押し込んで同点。

 後半早い時間ではあったが、結局その遅攻は直らず、決め手を欠いてドロー。

 右サイドバックの山田はなんつうか、流石だな。いつも思うことだが。

 返す返す、0秒失点が痛すぎた試合になった。

 選手監督ともに今日の修正点は見えたと思う。

 問題はそれをどう消化していくのかという面だ。

 今シーズン、課題は見えた修正したいと言いながらここまで来てしまったのだ。

 ここはもう一つ、塚田さんの腕の見せ所だ。

 さて、思い切って外して欲しい古橋だが。

 役割が更に変わって、難しく考えすぎなのが少し深まってしまった感じ。

 ちょっとマジでやばいかな。

 ここを読んでるとは考えにくいが、メッセージ。

 「お前にはお前のサッカーがあるんだよ」

 以上、新生と呼べるのはいつの日か、と思う新生セレッソのお話でした。

明日はユース行きます。

今日の観戦:BS

 最近、NHKはアナウンサーの質落ちてない?