マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2006 ヤマザキナビスコカップ第5節 名古屋グランパスVSセレッソ大阪

瑞穂競技場 2006/5/14 19:00キックオフ

天候 凄い風が。

セレッソ1-1名古屋

得点:徳重

 内容最悪、結果オーライ

 苔口(柿本)西澤 

   森島(宮原)

古橋     酒本(徳重)

   下村

山崎 ブルーノ 前田 山田

   吉田

 徳さんに感謝する以外の言葉はないんだが。

 なんというかな、閉塞感が漂いすぎだ。

 守備はとても良くなったし、ミスがなければかなりいけると思ってる。

 山崎が頑張って「左サイドバック」っぽくやってたのは良かったかな。

 その分山田がやや目立ってないか。

 それはシャケが勝負しなかったからかも。中途半端な位置で球を失うと、どうしてもSBのフォローが必要だし。

 東美が激しく当たるべきところでちょっとあやふやなプレーをしたおかげで失点。

 あんな綺麗なカウンター、許されん。ムキー。

 攻撃が本当に問題。

 意図が見えない。

 サイドなのか、中なのか、ポストなのか裏なのか。

 書いててわけわからんが、それだけセレッソの攻撃がわけわからんということで。

 前に行く気はあるけど、中途半端でサイドが渋滞、中スカスカとか、そろそろ自分たちの攻撃を確立したい。

 まあ、とりあえずナビスコ1位通過の目を残したのは収穫。

 来週、今季初対戦大宮相手にはきっちりいきたい。

さ、ユーベ見ます。