マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2006 ヤマザキナビスコカップ第8節 セレッソ大阪VS大宮アルディージャ

長居スタジアム 2006/5/21 15:00キックオフ

天候 これでもかってくらい晴れ

セレッソ3-2大宮

得点:ゼ(PK)、西澤×2

 先制、中押し、駄目押し。俺の希望道理の展開。うひょひょ。

  古橋(柿本)西澤

  ゼ 宮原 森島

    山田

山崎(柳本)ブルーノ 前田 藤本

 にゅっと手が出た。

 先制シーンで、枠に飛んでいったボール。

「こりゃ入った」と思ったら、混戦の中から手が出てきて、そのボールをはじき出した。

 おいおい、バレーボールじゃないんだから……。

 当然、赤紙退場&PK。

 ゼがきっちり決める。読まれていても入ればいいんだよ。へへん。

 さて数的優位に立った後は、最低目標の引き分け以上をほぼ決めた感じかな。

 でもその上で「勝つ」ということをきっちりやっていこうとした感じ。

 前半はそのまま終了も、後半開始直後、モリシのスルーパスからアキのビューティフルゴール。

 珍しくアキがゴール前まで来て胸を叩く。ああ、マジでかっちょいい。

 グラウに物凄いゴールを食らう。あれは仕方がないし、あそこまで凄いのを決められたら、勝ってる余裕も手伝って切り替えは早くできたか。

 その後もゆっくり時間を使う。

 数的優位なのだし、勝ってるのだからそれで良い。

 相手陣内でボールをまわす。も、突如ゼがへんてこなセンタリング。

 お仲間も「えー……?」と言うような。

 俺はゼの味方だから「あれはサイドチェンジです!」と擁護。

 そのサイドチェンジのボールを宮原→山田→モリシ→アキがずどん。で駄目押し点。

 ほら、あれはサイドチェンジなんですよ。ゼの隠れたアシストなんすよ。

 嘘です、すんません。

 ロスタイムにまたもグラウに決められるも、そのままタイムアップ。グループリーグ無敗で1位突破決定。

 他グループの結果、初戦は千葉。

 相性は悪くないと思う。ただリーグではやられてしまった相手。

 代表の巻がいなくても、チーム力としてはあまりダウンしないだろうし、手ごわい相手だ。

 6/4、8という、なんだかとてつもなく中途半端な日程だが、これが終われば本当の中断。

 勝ち抜きたいのは当然として、その中で自分たちの出来ること、直すことをきっちりと判別できるゲームにしたい。

 良く走るチームだ。でもこっちは走り負けしてもかまわない。

 ボールを廻す、良いポジションを先にとる。これが出来たら鳥取の再現もありうる。

さて、ここまで来たら勝ち抜こうぜ。

今日の観戦:生

 I4の一番前でやる。

 改めてあそこは「重要な場所」と認識。

 しんどいけど、個人的には好きな場所。

 ひたすら選手に向かってのみ声を出し続けられる場所だしね。

 でも、好きとかそういう次元で語れる場所でもないよな、と他の人の言動を見て思う。

 次回もあそこだろうか。個人的には少し考えてみたい。