マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2006 J1第32節 セレッソ大阪VS名古屋グランパスエイト

長居第2 2006/11/23 15:00キックオフ

天候 見てるだけで寒い

セレッソ1-1名古屋

得点:西澤

お寒い試合。

  西澤(柿本)

 大久保 古橋

ゼ     山田(名波)

 宮本(河村)下村

山崎 江添 前田

   吉田

気温も、心も。

 一番の心配どころは宮本を入れてきたというところ。

 恐らくここ2戦、カウンターから失点したことに対するケアのつもりだろう。

 ただ最近安定して良い試合が出来たのは、カワムと東美のボランチコンビの成熟だったと思う。

 東美は昨年ファースト(プリメロだっけ?)ボランチとして、攻撃的に行くセカンド(セグンド)ボランチファビーニョをケアしてきた。

 カワムやピンゴとのコンビがその役割を元に戻せたのが大きいと思っていたのだが。

 宮本が明らかに守備専に行くことを考えれば、東美がセグンドをしなければならない。

 あと古橋が出場停止だった時、キャプテンマークを巻いていた東美。

 これはチームにも凄く良いことであったと思う。

 試合には負けたが「やっとキャプテンらしいやつがキャプテンマークを巻いてくれたか」と思ったものだ。

 (古橋の能力に疑いはないが、やはりキャプテンタイプの選手がキャプテンをすべきだろう、と俺は思う)

 心配は少しだけ外れ、ミスで失点後は大きく当たった。

 早い時間にアキのゴールで先制。

 さらに名古屋に退場者が出た。

 名古屋は主力4人の出場停止がやはり大きく、ぶっちゃけて言えば「今日はもう勝って下さい」と言わんばかりの戦いだった。

 現に試合終了後の名古屋の選手の笑顔は、この状況で勝ち点1を得たことによる安堵だろう。

 力なくゴール前を横切っていくボールに誰も触ることが出来ず、ヨンセンに同点ゴールを許した。

 正直ここへ来てこんな馬鹿げた守備をやらかしているようでは、入れ替え戦はともかく、そこで勝てるかどうかなんてわかりゃしない。

 ただ数的優位、時間はたっぷりある状況。

 昨日の試合レポに書いたように、ここからどう戦えるか。それがターニングポイントになったと思う。

 数的優位なことも考えると、やはり早めに攻め手を打つべきだったと俺は思うし、その状況は過去に何度もあり、悉く機を逸し続けてきたと思う。

 そして今回もそうだったように感じる。

 宮本は守備では頑張れるが、どうしても展開力に欠けている。

(この試合も何度バックパスを見たことか)

 勿論、山田とのコンビでサイドを崩し、献身的な動きで守備の要としても良い仕事をしていた。

 でも今は「失点をしない」ことを目的とした戦いをすべきではない。

 特に名古屋はベタ引きでカウンター1本に狙いを絞らざるを得ない状況でそれを徹底した。

 カウンター対策を練ったはずのセレッソにとって、これほど仕留めやすい相手はないと思う。

 しかしその対策が「宮本だけ」ならあまりにお粗末だろう。

 少なくともそういうものは対策ともスカウティングとも言わない。

 「場当たり」ってやつだ。

 やっと打った対策は山田に変えて名波。古橋をサイドへ持ってくるしかなかった。

 これははっきり言おう。お粗末だ。

 アキの負傷退場もあったが、それでもベンチワークは……。

 今はそんなことを言ってる場合じゃない。それはわかる。

 が。

 言いたいことは山ほどあり続ける。

 それからやぁ、各自振り上げたこぶしの振り下ろし先はせめて自分の頭の上にせえよ。

 それが一番むかつくんじゃ。

 あとは見所もなく終了。

 名波を入れたところで前線の動き出しに乏しく、自由に持てたDFライン上での横パス&時折掻っ攫われを繰り返す。

 まあ相変わらずお付き合いくださる下2チームのおかげで、こんな結果でも一番優位に残り2試合を進められることになった。

 入れ替え戦出場が目標となった。

 いや、ちがう。入れ替え戦での残留が目標なのだ。

ちゃんとわかってるんだろうね?

今日の観戦:スカパー

 八塚さんの実況は凄く良い。

 その八塚さんが続ける言葉を失うくらい、単調で馬鹿げた試合だった。

 あと浪速のイタリアーノ、今日も乙。