マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2008J2第1節 水戸ホーリーホックVSセレッソ大阪

笠松運動公園陸上競技場 2008/03/09 13:00キックオフ

天候 小春日和は秋に使う言葉です

セレッソ2-0水戸

得点:香川×2

 いよいよ開幕、J2。

 ベンチメンバーと交代の書き方を変えてみた。

 カレカ 小松

香川    濱田

 ジェル アレー

尾亦 前田 羽田 柳沢

   相澤

ベンチ:山本、江添(→小松)、酒本(→濱田)、丹羽、白谷(→カレカ)

 色々な意味で今年を占う戦い、そしてその結果が出た。

 システムは色々言われてきたが、最終的に4-4-2のスタート。

 これはシーズン立ち上がり、レヴィーは慎重に入った、と見て良いと思う。

 懸念されていたのはGK、大方の予想通り相澤が今年の「守護神」

 しかし練習前、ゴールマウス付近を確かめに来た相澤に気付く人間が居らずw

 試合中、相澤は神セーブ連発。マジェスティックスイーツV3さんが、何度俺の横で「あ、やられた」とハラヒロミ風につぶやいたか。

 何気なく見ていた練習中に、凄いキャッチの仕方を(文章では説明しにくい)したのを見て、お、なんかやりそうだなこのGKと思ったのだが、的中。

 腕、足、問わず。相手のシュートを悉くはじき返し、キャッチした。

 かなり震えが来た。

 ただ尾亦へクリアの指示を出したのに、バックパスがきて慌ててタッチへ蹴りだしたというシーンがあった。

 それに代表されるようにGKとDFとの連携がイマイチ良くなかったように思う。

 そしてそのDF同士ももう少し連携が欲しかった。

 他はもう少し見てみたいところ。

 基本4-4-2だったことで、昨年の戦い方を踏襲しているのは見て取れた。

 塁はコンディションがもう一つ上がっていない印象。

 カレカは重戦車というよりその砲弾と言う感じw

 いけー打てーどーん! みたいな。

 この試合評価が難しくなったのはジェルマーノの退場。

 井上知大とかいう審判がえらいことになっていた。全く井上姓にはろくなのがいない。なあ、井上君。

 水戸のビジュがバックパスをとられ間接FKを与えたあたりでおかしくなった。

 そのプレーでビジュがイエロー、水戸監督木山が退席処分。

 ちょっとでも後ろから突っかかったらイエロー、腕を使ったとみればイエロー。

 両軍サポからお前は家本か、の声が飛んだ。

 が、その声が聞こえたのか、後半は一転してカードが出なかった。

 多分他の審判かMCに言われたんじゃないのかなぁ。

 それが一番不満。カード出す基準変えたら、体所になったジェルマーノ(や木山さん)はどうなるのか、と。

 ただこの退場劇がリードしていた前半終了間際だったことも手伝い、セレッソには一種のラッキーが転がり込んだ。

 それは選手自身も言っているが、なすべきことがシンプルになり、役割が明確になったこと。

 羽田を一列上げて塁を江添に。4-4-1へスタイルを変えたレヴィー采配はかなり的確。

 下げすぎだと思ったDFラインだったが、これもレヴィーの指示らしい。どや顔が目に浮かぶわw

 監督不在、決定力も不在の水戸ちゃんに、ゴールを割らせない。

 それどころか面白い攻めを織り交ぜながら、素早くカウンターを繰り出して水戸に決定的なペースを握らせない。

 そして圧巻は「攻撃陣の2枚換え」シャケと白谷を投入。デビューおめ!

 J'sGoalで酷評していたが、まさに木山監督の退場は水戸にとって不幸な出来事。

 もう一押し、と言う時間帯にスピードやドリブルが持ち味の2人を投入されたことで、水戸がかすかに疲れを隠しきれなくなっていった。

 特に白谷。流石U-19代表、試合となれば格上も格下もないことを良くわかっている。

 アシストを記録してもなお「ゴールを狙っていたのに」とは心強い。

 そしてシンジ。

 もう言うことは無いっつうか。風格は無いけどもwこのチームの中心という自覚が出てきたかな。

 2点目はまさに圧巻。これがシンジだ。

 と言っても水戸ちゃんには既に忘れられぬ存在だろうけども。

 さて、羽田と濱田の陰の立役者がこの調子で行ってくれれば、今年はかなり期待できると思う。

 特に濱田の労を惜しまない動きは鳥栖で身につけたものなんだろうが、元から持っている才能とあわせて実に素晴らしい選手になりつつある。

 さてさて。課題はあるがそれを埋める余白を残したってところじゃないか? レヴィーは。

 キャンプで無理やり課題をこなそうとするのではなく、シーズンインしたあとの課題を潰す為の基礎作り。

 印象としてはそんな感じ。

さ、開幕ダッシュのためにはあと2,3連勝あるのみ。

今日の観戦:生

 なんかgdgdな雰囲気ではありましたが、愛ある世界だったかとw