マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2008J2第3節 サガン鳥栖VSセレッソ大阪

ベストアメニティスタジアム 2008/03/20 13:00キックオフ

天候 超強風。看板倒れてFKボールが転がる

セレッソ0-1鳥栖

得点:

 悪くないけど良くも無い(By本部長)

 カレカ 古橋

香川    酒本

 ジェル アレー

尾亦 前田 羽田 柳沢

   相澤

ベンチ:山本、江添、柿谷(→酒本)、丹羽、森島康(→カレカ)

 日にち薬を待てってとこか。

 まあ先に言っとくと、特約でシンヨンが出場出来なかったり、元セレッソ選手がいるようなチームには、負けてはならんと、いつもいつも思うんだ。

 前節の山形戦も一緒だけどね。

 悔しいやん? 普通以上に。

 さてゲームのほうは、勝ったチームから見れば「好ゲーム」だったと思う。

 鳥栖のゴールは綺麗に入った(彼はアミーゴスの……)し、GKはビッグセーブを見せた。

 そして両軍お互いのスペースを打ち消しあい、隙あれば裏へ飛び出し、止まることなく攻防を繰り広げた。

 公式記録的にシュート数も互角。

 じゃあ勝敗の差を分けたのは何だろう?

(ヤナギのは事故。アレはミスじゃない)

 セレッソはまだコンディションが上がらない選手が何人かいたようだ。

 でも、そこではない気がする。

 かといって結論付けるでもないんだけど。

 山形戦は本当にどうしようもない負けだった。

 今回はまだ「見られる」負けだったとは思う。

 勝負事だから、勝ち負けがあるし、全てに勝てるわけじゃない。

 これは現福岡GK吉田の言。

 だとすればその中で選択された「負け」と言うのも確実にある。

 今回のがそうとは言わないけども。

 今度こそ、連敗は許されないと言う気持ちで行けそうな負け。

 ポジティブにものを考えるにも限度はあるが、まあそんな気持ちが残ったことは間違いない。

つくづく歯がゆく面白いチームだわ。

今日の観戦:スカパー

 久々にぬるぽスペシャルな映像挿入w

 実況アナの

セレッソサポーターは諦めていません!」

 的な実況も差し込まれ、とてもヌルくない状況でした←各位