マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2008J2第4節 セレッソ大阪VSベガルタ仙台

大阪長居スタジアム 2008/03/23 13:00キックオフ

天候 曇り空も荒天とまではいかず

セレッソ2-1仙台

得点:アレー、ジェルマーノ

 尾亦の怪我が超心配。

 カレカ 古橋

香川    酒本

 ジェル アレー

尾亦 前田 羽田 柳沢

   相澤

ベンチ:山本、江添、柿谷(→カレカ)、丹羽(→柳沢)、森島康(→酒本)

 せっかく良くなってきたのに。

 相手の稚攻もあいまって、前半はかなり素晴らしい出来に見えた。

 その中でアレーのビューティフルゴール1点に終わったのは確かに痛かった。

 後半、差し込まれる時間が出てくると、その流れのCKから同点とされる。

 こういう「事故」が多いのは、事故に遭わないための準備がちゃんと出来ていないからか。

 少なくともこの同点弾には、相手が上手であったイメージがない。

 しかし曜一朗のしかけ、やはり不調に見えるヤナギから丹羽への交代後、徐々にペースを巻き返し始める。

 そしてジェルマーノのミドル一閃。

 震えが来たが、その前に尾亦が倒れてしまったので複雑な喜び方に。

 3人の交代を終えていたセレッソは、1節に続きまたも10人で1点を守る展開。

 しかも今度はDFときた。

 香川がサイドバックまで下がり、4-4-1へ。こうなるとセレッソの基本フォーメーションは4-4-1ではないのかと小一時間w

 デカモリシや曜一朗の(シュートを打ったりした)プレーに不満のある人も多いだろう(長谷川さんとかw)けど、俺はあれは「あり」だと思う。

 基本的に守備に入った状態から、1人少ない中でのカウンターアタックに人数をかけていなければOKだと思う。

 曜一朗のようにドリブルで一人持ち込んでいく→相手が2人ほど引きつられていくというのは時間稼ぎの面でも、もしそれがゴールへ結びついたら100%逃げ切りが出来るんだから。

 あとは彼らからそういう「若さ」を奪いたくないしね。

 そんなわけで、長い4分のロスタイムのあとの笛で、テレビ観戦ながら久々のガッツポーズ。

 今回は試合運びが目に付いた部分がある。

 あまり縦へドカンと蹴らないのね。

 ただその細かいパスが中央へ偏りすぎた。

 上がってボールを要求した、尾亦が残念がったシーンが2,3度では足らないくらい。

 あとアレーが凄いw

 カレカはあとはゴールだけだが、外国人助っ人FWとして決めて欲しいというシーンがあった。

 とは言え、ジェルマーノもその他面々も、ようやくコンディションが上がり始めたところなので、焦らずにまずは上位陣へ付いていくことを考えて。

 あとホームで2度と負けるな。

 そういう意味でも、自分たちより順位は上だが来週のホーム岐阜戦はきっちり勝ちたい。

 新参が調子に乗ってるらしいのでね。

やっぱ勝つって良い事だよ。

今日の観戦:スカパー

 本当に長谷川さんは何をしても褒めてくれないw