マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2008J2第9節 横浜FC VSセレッソ大阪

ニッパツ三ツ沢スタジアム 2008/04/26 13:00キックオフ

天候 天気崩れるの早かった……

セレッソ1-1横浜

得点:小松

 勝ちたかったなぁ。

  小松

 香川 白谷

ジェル 羽田 アレー

丹羽 前田 江添 柳沢

   山本

ベンチ:相澤、山下(→柳沢)、濱田、カレカ(→小松)、柿谷(→白谷)

 横浜がもうひとつだったし。

 本部長にあの試合内容でよく長文エントリー書けるな、と言われたので今日は簡単にw

 横浜サポには申し訳ないけども、前節も実はテレビで見てて。

 相変わらず都並さんはどういうサッカーを指標しているのか、イマイチ感じ取れないなぁ、と。

 蹴ったと思えば繋ぎ、繋いだと思えば蹴るって感じ?

 まあ他のチームの心配してる場合じゃないけども。

 ただ今日の4-3-3は良かったかなと。

 多分この延長線上が、今年やりたいサッカーだな、と。

 特に守備面で中盤がかなり連動して球が取れていたと思う。

 失点はアンラッキー。まあキングにころっといかれたジェル様がちょっと、と思ったが、現地ではオフサイド臭かったしね。

 事故に遭うのをそろそろやめて欲しいんだが。

 攻撃は問題多し。

 やや繋ぎ過ぎじゃないの、と思うし、しかもその割りにまだまだミスが多い。

 ただ明るい兆しもある。

 白谷がかなりやる。

 横浜DFがどのレベルかは分からないが、いとも簡単に裏を取っていた姿に、久々にトップで震えが来た。

 ドライコンディションでやらせたかったなあ。多分1点2点取ってたぞ。

 本当は今日出かける前に、白谷が点取るよと書き込んで出ようと思ったんだけどw

 滑ったりしてたのが残念。

 しかし同点弾へつながるプレーなどの積極性とか、今後期待できる。

 そしてその同点弾、塁のヘッド。代表候補シンジのクロスで0.8点くらいあったがw

 そこだけじゃなく、ポストプレー、ドリブルなども調子を上げてきた。

 この2トップの勢いで逆転したかったのだが……

 曜一朗とカレカに交代。

 まあ隠さず言うが、これは意図が分からなかった。

 4-4-2へスイッチして、アレーが右に来たような格好だったが、それも良く分からず。

 まあ横浜と同じく意図をなくしてしまってジ・エンド。

 あとヤナギを山下にスイッチ。しかもそのまま右サイドとは、まあ引き分けを是とした感もあり。

 なんか周りも今までよりは全然良いよって評価だったし、試合終了後に拍手も出てたので。

 スコアほどにストレスが無かったのはそういう理由かな。ちょっと兆し見えてきた。

 でも、2008シーズンは待ってくれない。

 9節で勝ち点13の7位。去年とそんな変わらない。1試合消化の多い中、このポジションはかなりいただけない。

 それでもまだギリギリ踏ん張ってるとは思う。

 休みの消化がもうすぐ、そして1クールが終わりに近づいている。

 昇格圏をしっかり捉えておきたいところなのだが。

横浜ゴール取り消しは本当に訳が分からんw あんなにパーフェクトに決まったのに。

今日の観戦:生

 久々の同志もいて和気藹々。そして専用スタジアムの臨場感は格別。

 やっぱ俺はサッカーが好きで、セレッソが好きだということを再認識した次第。

 俺の4-3-3好きも周りに浸透したし良い感じだw

 あとあまりネガティブ魔人が居なかったのはゲームのせいか立地のせいか。