マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2008J2第14節 セレッソ大阪VS湘南ベルマーレ

大阪長居スタジアム 2008/05/17 16:00キックオフ

天候 天晴れ

セレッソ2-0湘南

得点:ジェルマーノ、小松

 雪辱なる。

  小松

 香川 柿谷

ジェル 羽田 アレー

尾亦 前田 江添 柳沢

   相澤

ベンチ:山本、藤本(→柿谷)、丹羽、カレカ、古橋

 珍しいことだw

 去年勝てなかったことより長居で踊られたのがひたすら悔しくて悔しくて。

 ようやくそのリベンジ。

 というよりはまあ、いつも言うけどホームでだけは負けたらあかん。絶対。

 必要以上に悔しい思いをせんでも済むからね。

 ゲームのほうは、もっと湘南は鋭いカウンターで来るかなと思ったけど、そうでもなかった。

 羽田がアジエルマンマークに着くという、ここ数年のセレッソとしてはかなり思い切った作戦。

 前節、鳥栖が純也を使って同じ作戦に出たが、あえなく撃沈していた。

 しかしこちらは守備のスペシャリストの対応。

 プラス、アジエルがボールホルダーになった場合の守備が集中できてた。

 代わりに加藤がフリーになってびびったりしたがw

 相澤やゴールポストのスーパーセーブも飛び出し見事に完封。

 しかし相変わらずバンザイアタックに弱いけども。

 攻撃はもう少し。まだ個人に頼る部分も多いかな。

 でもジェルマーノのロングループはさすがの一言。

 あれだけ鋭い弾道で落ちていく球は久々に見た。

 チームも乗ったし、サポーターも満足のいく逸品だった。

 2点目は画面の奥でオフサイド(トラップじゃないと思うけど)を失敗してフェードアウトしていく湘南DFを、代わりに俺があざ笑いつつ5試合連続弾のまじめな小松。

 それにしてもこの小松、ノリノリである

 股抜きドリブルとか最高や。

 曜一朗も仕掛けていく姿勢は○。でもちょっと今日は失いすぎたか。

 香川はマークがきつい中、それでも上手く捌けたかな。

 来週から代表だからここを埋めないと。

 調子悪いとは言え福岡が相手。当たり前だけど簡単にゃ勝てない。

 守備の部分を継続して、とにかく失点しないこと。

 今度は3ボランチの攻撃の良さをもっと生かしたい。

1クール最後もきっちり締めてけ。

今日の観戦:スカパー

 ジェルのゴールは長谷川さんも誉めずにいられなかったかw

 キーパー前出過ぎでしたね~なんて言ったらぶkk(ry