マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2008J2第21節 アビスパ福岡VSセレッソ大阪

レベル5スタジアム 2008/06/21 14:00キックオフ

天候 超大雨

セレッソ1-0福岡

得点:ジェルマーノ

 非常に大きな勝ち点3。

  小松 古橋

 香川   柿谷

 ジェル アレー

尾亦 羽田 江添 柳沢

   相澤

ベンチ:山本、山下、丹羽、青山(→柿谷)、白谷

 これは素直にGJ。

 なんせ大雨のお陰でサッカーにならない。

 ジェルマーノの言う「セレッソの選手はこういう状況は不得意」と言うのはシンジ、曜一朗、アレーなどのドリブラータイプの選手が活きない、そしてショートのパス交換も寸断されてしまうから、ということだと思う。

 相手は大久保を中心に長いボール、あるいは裏へのスルーパスなど、1本のキラーパスを多用してくる戦術で、「いつもと変わらない(ある程度ね)」サッカーをしてくる。

 いざとなればベンチのハーフナーや黒部が出てきて超パワープレーも考えられるし。

 水の浮きまくっている前半はもうまさに泥レス状態w

 何人かはわざと滑って遊んでいたのでは、と思う感じ。

 雨脚が弱まり水が捌けてきた後半は、ようやくまあサッカーできるかな? と言う感じ。

 こういうゲームはどっちに転んでもおかしくない、ギャンブル的な試合になるのだけども、その運は俺たちに微笑んだ。

 89分のCK、ニアで見事に合わせたジェルマーノのヘディングがポストとバーの間を見事にすり抜けゴールへ。

 テレビに映る駆け下りるサポたち。

 「こんなんでええんかな」とばかりにニヤニヤしながら仁王立ちの本部長。

 時間を使い、青山投入で守備固め。幾度かのピンチをしのいで勝った。

 劇的ゴールもそうだけど、やっぱ相澤のビッグセーブが本日の勝因。文句なしのMVP。

 ともすれば大量失点、大量得点の馬鹿試合になりそうな雨中のゲームを引き締まった好ゲームにしてくれた。

攻撃陣がそれに加担したわけじゃないと思うけどもw

今日の観戦:スカパー

 福岡(九州チーム?)担当実況アナの声ってこっちもテンション上がる。