マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2008J2第26節 ベガルタ仙台VSセレッソ大阪

天候 夜やがな

セレッソ0-0仙台

得点:

 OK、OK。

   小松

香川    乾

   濱田

 青山 アレー

尾亦 前田 江添 柳沢

   山本

ベンチ:相澤、山下、藤本、丹羽、白谷(→濱田)

 良しとしておこう。

 J'sGOALでの仙台手倉森監督さんは

「勝点1しか取れなかったことは残念だが、昇格を争っている相手に勝点3を与えなかったことはよしとしなければいけない」

 と書き出していたので、試合としては五分よりは、優勢だったと見ていいだろう。

 ジェルマーノのいない穴を埋めているハマチャンが引き続き好調。

 しかし攻撃面ではジェルマーノほどの決定力が無いのが痛かった感じか。

 こういう膠着した状態を打破できるベンチメンバーではなかったことも悔しい。

 いや白谷が駄目と言うのではなく。

 なあ、ほんまにデカを放出するつもりか?

 カイオも見てみんと分からんけども。

 この試合に限っては、デカ不在を嘆いても良いのではと(怪我だっけ)

 まあ次節は逆に何とか食らいついて欲しい広島。

 勝ち点1でも上出来気分が漂う相手になってしまったが(ここまでわずか3敗だものな)休み前、キャンプ前の決算的なサッカーを見せて欲しい。

 底値から回復傾向にあるので、ここで焦って欲しくないし。

 仮に負けてもこんなもん的な気持ちでいたら良いと思うので。

しかしそれは負けても良いとかそういうものでもないという、女心のような微妙さ←なんじゃそりゃ