マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

大和撫子

 女子サッカーは2-4でアメリカに敗戦。

 厳しいことを言えば、前半の2失点はDFの足が止まりまくってたし、後半の2失点はGKもかなり集中を欠いてた。

(身長のことを言い訳にしないだろう。彼女はずっとそれでやってきてこの大会のレギュラーを掴んだのだから)

 ただ結果はともかく、終了時に1-4と2-4では天地ほども違う。

 1-2で折り返した後半、彼女らの使命は

「まずは1点返すこと」

 足が止まって危ういのにDFラインを高く保ったこと。

 大会随一と思われる#8宮間のテクニックや不動の#10澤を中心に攻めを選択した。

 アメリカは一回りも格上だったと思う。

 でも良くやれていたと思う。

 4失点を喫した後も、彼女らはそのミッションを忘れなかった。

 そしてロスタイム、ついにそれを達成した。

 #12丸山の鋭い突破からのマイナスクロスを#9荒川が押し込む。

 1-2で折り返したまま2-2にしたのなら、もっと選択肢があっただろう。

 しかしまだ2-4。

 彼女らはすぐさま

「3点目を奪うこと」

 に目標を切り替えた。

 宮間がボールを拾い、荒川も一目散にセンターサークルへ戻った。

 しかしその為の時間は1秒たりとも残されていなかった。

 俺は正直4点目を取られて心が折れると思った。

 負けても3位決定戦がある。さっさと切り替えて次へ向かえば良いと思った。

 ところが全くそうではなかった。

 それどころか終了のホイッスルを聞いたとたん、彼女らは悔しさのオーラに包まれた。

 またしてもアメリカに煮え湯を飲まされたこと。

 メダルと言う目標へ伸ばした手がはたかれたこと(まだ可能性は十分にあるが)

 そしてアメリカと自分らとの力の差に。

 彼女らは唇を噛んだ。

 それは愚直なまでに1点に対する執着心を見せ、勝利へ最後の1秒たりとも諦めなかった彼女らの表情だ。

 出し切ったからこそ悔しい。その1試合を決して通過点にしない姿勢。

 トップカテゴリ(かどうかは微妙かもしれないけど)で久々にこんな試合を見た気がする。

 そういえばなでしこは昔からこういう試合の出来たチームだったな。

 やっぱチームカラーってあるのかなぁ。

 3位決定戦も頑張れ。と言われなくても頑張るでしょう。

1-4で心折れて負けた06年W杯のブラジル戦を思い出したな。まさに天地ほどの差だわ。