マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2008J2第33節 セレッソ大阪VS徳島ヴォルティス

大阪長居スタジアム 2008/08/30 18:00キックオフ

天候 やたら風が強いですな

セレッソ3-2徳島

得点:アレー、古橋、ジェルマーノ(PK)

 3-0でクローズできただろ。

 カイオ 小松

古橋    乾

 ジェル アレー

平島 前田 江添 柳沢

   相澤

ベンチ:鈴木、羽田、藤本、青山(→小松)、柿谷

 こうなってしまうと不満しか残らない。

 開始早々のCKからアレーのヘッド。

 前半終わりかけの時間に古橋のFK。

 後半開始15分ほどで駄目押しPK。

 結果的には勝った。

 けどもデカモリシのゴールのときと一緒。

 3点目が入って明らかに慢心してる。

 腑抜けたプレーが目立った。

 青山が入ってシステム変更してバタバタしたせいもあるけど。

 3点リードの余裕を持ってチャレンジするプレーってのは重要だと思う。

 けども今のセレッソにあるものは、明らかな慢心だけだ。

 もっと引き締めていけ。

 これで3C早目の休みに入る。

 後はただひたすら勝ち点3だけを拾い集めるだけだ。

 ここまで全勝している岐阜を3タテに、そして山形を叩けば奇跡の追い上げの序章くらいにはなるだろう。

んでもなあ。(´Д`)何かしらんがテンション上がらん。

今日の観戦:スカパー

 長谷川さんのネガティブも全開。不快と言うよりはわかってるから黙ってくれと言いたくなるっつうか。

 あとナベにメールしたのに返事がない。