マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

怒りに任せて

 書く。

 ぶっちゃけ読んで欲しくないことも書くので不快になりたくない人は続きを読まないで欲しい。

 炎上は好まないので←そんなに読まれてないから。

 山形戦と「同じような」馬鹿みたいなマークのずれ。

 結局このレベルでは勝てないんだな。

 本当に昇格する気があるのか。

 または「あったのか」。

 時間があったので山形VS鳥栖を見た。

 昇格へどちらも負けられない1戦。そういうゲームだった。気迫が見えた。

 福岡からも熱気が見えた。

 セレッソはまだ

「誰かが昇格させてくれるだろう」

 あるいは

「誰かのせいで昇格できない」

 そういう空気しか見えないんだけど。

 このチーム、いつまでたっても人任せだな。

 2-1のリードを10分守る。

 それが出来ないのは何でだろうな。

 もういいよ、もう。

 楽になろうぜ。

 絶対勝たなきゃいけない試合なんて、勝った試しもないし勝てないんだから。

 俺らはそういうチーム。情けない、そういうチームだ。

 必要な選手を放り出し、銭勘定に明け暮れて、嫌いな選手にスタンドから罵声を浴びせて、嫌いな監督にはモノを投げつける。

 いつまでたってもそういうチームやんけ!

 なんでやねん! 分かってるやろ!?

 セレッソを愛してれば変われるはずやねん!

 愛が足りんからいつまでもこんなもんちゃうんか!

 J2でも給料あったらそれでええんか。

 J1に引き抜いてもらえたらそれでええんか。

 自分らが変わらな何も変われないのに、何も変わらない。

 それは自分らに変わる気が無いのと一緒や。それで良いと思ってるからや。

 セレッソじゃなくても良いからや。

 プレーするチームも、運営するチームも、応援するチームも。

 セレッソじゃなきゃダメって人間が少なすぎるねん。

 それが見て分かるのが悔しいんじゃ。

 泣けてくる。

 ホンマ、セレッソを愛するところからはじめようや……

 選手もサポもフロントも、セレッソを愛するところからはじめようや。

 どうか自分たちの胸に聞いて欲しい。

なあ、君らホンマにセレッソ愛してるか!?