読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2009開幕直前スペシャル

セレッソ

 イナバウアー(文字のみ)

 ということで仕事に一生懸命になってたんですが先日ついに「ぷちっ」と来てしまってほったらかし決定の私です。

 気付けば週末、ついにJが戻ってきます。

 我らセレッソ大阪は今年もJ2での戦いとなります。

 さて補強は整理したが、なんと言ってもシンジの残留、乾の完全獲得、カイオのレンタル延長と良かった攻撃陣を丸々残留させたのは素直にGJ。

 その他DFリーダーとして羽田を完全獲得し、キャプテンに任命。これも当初の予想とは外れてwGJ。

 怪我のリハビリにいそしむ尾亦のポジションにも石神をレンタルで獲得し万全。

 ただぬっくんの「ポジション」が大丈夫かどうか。いや決して完全で獲得した平島の能力を疑うのではなく。

 基本3-4-3(3-6-1?)を採用しそうな今年。

  カイオ

 香川  乾

石神   酒本

 マルチ 黒木

江添 チアゴ 前田

   金

 これが予想開幕フォーメーション。

 でも羽田が間に合ったようだから黒木に変えてボランチの可能性が高い。

 ざっと見る限り外国人選手3名と石神以外は昨年のまま。

 これはあらゆる意味で計算できる、と見ていいものかどうか。

 怪我さえなければと言うが、確かに昨年、怪我離脱の多かった2Cはボロボロ。

 そしてカイオ乾が加入しフィットした3Cは1C(1Cは28、3Cは27)と同じくらいの勝ち点を稼いでいる。

 ただ3Cのレポを読み返して見ると、やはり個人能力頼みだったのでは? の思いが強い。というか確信してるんだけどねw

 ということはW杯最終予選が佳境を迎える今年はシンジ、下手すれば乾も代表へ呼ばれる可能性が高く、個人能力頼みのサッカーでは同じような2Cの悪夢が待っているだろう。

 このネガティブ材料を拭い去るのは、本当に開幕して離脱者が出てからしか無理だとは思うけど。

 なんせ監督が小豆経営者だからなぁ。

 これがやはり今年の一番の不安材料。

 さてさてポジティブに締めよう。

 個人的には今年の一押しは前にも書いたけどコケ。

 開幕ベンチも濃厚だが何よりジョーカーとしてFW、サイドのMFも高い次元でやれそうな感じ。

 練習試合でも順調に得点を取ってるし。

 そして新外国人助っ人マルチネスが随分と凄いらしい。

 関係者によるとマルチネスが2部リーグとはJ1つうのはさぞかし凄いところなのかと言われたとか。

 倉敷アナがこの加入はセレッソファンに朗報だと太鼓判を押したとか。

 saku8さんとこも高評価のようだし。

 PSMでの評価も良かったようだし、実際見てみる日が楽しみでしょうがない。

 スーペルファビーニョインパクトを超えないまでも近い活躍をしてくれることを信じて。

 んでもう一つ、PSMでシンジがゴールし勝利。

 これってあらゆる意味で最高の出来事。

 勿論その意味を深く取ればって事だけども、新しい#8が新しい歴史を作るその一歩を旧#8の前で踏み出したのだから。

 やるからには#8にシンジカラーを。そしてそれにふさわしい出来事だったと思うのですよ。

 今年は絶対昇格。まあ去年もだったけどw

 選手は口々に「来年は無い」という。

 詳しく言わないだけで、その冒頭には「セレッソでのキャリアは」と付くのだろう。

 その言葉を一番刻み込まなければいけないのは誰でもない、俺たちだ。

 共に戦い、共に昇格を。

今年は絶対の絶対の絶対だ←たいてい裏切られる淡い子供心w