マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2009J2第1節 セレッソ大阪vsサガン鳥栖

大阪長居スタジアム 2009/03/08 16:00キックオフ

天候 時折日差しも射す

セレッソ4-1鳥栖

得点:カイオ、石神、乾、江添

 惚れてまうやろー!!

  カイオ

 香川  乾

石神   酒本

 マルチ 羽田

江添 チアゴ 前田

   金

ベンチ:多田、藤本(→チアゴ)、平島、濱田、苔口

 これは開幕戦圧勝するけど昇格したような気になって結局ヒーヒー言いながら最後を迎えるパターンの奴や!

 気いつけなはれや。

 しかしまあここまで圧勝でいいのだろうか。

 前半はレヴィ(勝ち試合だけこう呼んでやろうかw)が言うようにシンジと乾が近すぎた気がする。

 特に乾が中に絞りすぎて密集地帯をドリブルで掻き分けることが多すぎた。

 乾の力を持ってしても鳥栖のDFを3人4人ぶち抜くのは余程のことがないと。

 もう少し外へ持って出ても良かったと思う。

 ということを後半に向けてレヴィも指示したらしい。

 日本食レストランオーナーの癖に俺とシンクロしやがるとはw

 まあ前半から個人能力の部分でも圧倒していたけども、早速乾が外へ流れ、グラウンダーのクロスを送ったところにカイオが詰めて先制。

 さらに乾、外へ持って出ると見せかけてヒールでシンジに絶妙のパス。シンジもいいシュートだったがGKに防がれる。

 しかしその零れ球に石神が詰めて2点目。こいつはただのイケメンじゃない。

 このシーンのみならずとにかく労を惜しまぬ上下動が凄まじかった。

 反対側のシャケとのバランスも良かった。影のMVP決定。

 この後FKから失点。微妙ではあるが江添に当たってるっぽい、若しくは江添の顔付近から球が出てきたようで、ジンヒョンにはノーチャンス。

 でもこの失点でも後ろ向きに力いっぱい飛ぶジンヒョンに可能性を感じてしまった。

 中々あれは出来ないよ、マジで。

 この失点はやばいパターンの奴や、と思ったが真MVP、乾が流れを引き戻す。

 カイオのシュート性のクロスに反応してシュートがポストへ弾かれる。

 しかしポストに当たると判断してたのか自らしっかり詰めてゴールゲット。

 とどめは江添がCKからものすげえ下手糞なシュートが功を奏して4点目。

 02年の初戦バリにセレッソ強しを印象付けた試合になった。

 ゴールこそなかったもののシンジは風格も出てきたし、乾とのコンビは健在にて絶妙。

 そして今日一番目を惹いたのはマルチネスだ。

 オフィシャルの公式記録上は5本のシュートとなってるがそのほとんど(多分4つ)が枠を完璧に捉えたすんげえミドル。

 ファビーニョを彷彿とさせたね。

 そしてそのシュートは言わずもがな、パス、ドリブルなどの基本の精度の高さ、そして判断力。

 下手したらファビーニョより俺の理想に近いボランチかも。

 でも顔がなぁ……ナ○そっくりやんな。

 あとチアゴを中心とした3バック+新キャプテン羽田も良い守備を見せていた。

 特に前田の早い潰しと攻撃参加、チアゴのカバー能力は特筆すべき点。

 苦言はやはり監督、コータ投入は良かったけどこの内容ならコケやハマ、ヒラジも枠一杯使って出場させるべき。

 それがモチベーションに繋がるし連携や経験になる。

 今日みたいな圧勝試合では尚のことだ。

 まあでもとにかくこの試合をあと50試合すれば良い。

 本当にそれをいかにこつこつ積み上げられるか。

 それが出来れば昇格だけでなく、その先のJ1での大目標へ向けての準備にもなると思っている。

 まずは勝利を喜ぼう。酒が美味いぜ。来週の味スタが今から楽しみ。

でもホンマ気いつけなはれや!

今日の観戦:スカパー

 長谷川さんも貶しようのない内容。なんかものすげえ褒めてたw

 でも実況の人が変わってちょっとなんつうか。盛り上がりに欠けるんだよね。

 ゴールシーンはあれこれ喋ろうとしなくていいんだから。

 角澤は考えなさ過ぎるけどなw