マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2009J2第2節 東京ヴェルディvsセレッソ大阪

味の素スタジアム 2009/03/15 16:00キックオフ

天候 日差し暖かも日陰はやはり寒い

セレッソ2-1東京

得点:香川、チアゴ

 待望の香川第1号。

  カイオ

 香川  乾

石神   酒本

 マルチ 羽田

江添 チアゴ 前田

   金

ベンチ:多田、藤本、平島、濱田、苔口

 これは波に乗れるパターンだが……。

 生観戦。

 昨年の最終節に行ったのとJユースカップ決勝があったのであまり久しぶりの感じはなし。

 しかし味スタは何かと遠い気がしたので早めに出たら裏目ったw

 なので新宿で乗り換えついでに都庁ロボを制圧。意外と簡単。

 しかしその後の京王線、お忍びで上京していらした本部長夫妻に尾行されるもそれに気づいた俺は素早く飛田給で巻くことに成功。

 無事に単独での味スタ入りに成功する。

 高貴なお方と合流し、スイーツ1号と尾行に気づかれて完敗といった顔の本部長夫妻とも合流。

 よらさんも駆けつけ久々に味スタぬるぽSP的な映像をお茶の間に届けることに成功した。

 さてゲームのほう。

 生観戦が楽しみだった割りに前半はちょっと拍子抜け。

 つうかテレビ見てたときはもっと強かったぞ、と。

 相手は4バックなので前節とそんなに変わらないと思っていたんだけど、何かこう、サイドに迫力がない。

 あとマルチネスに元セレッソ、カワムが(キャプテンマークを巻き!)びったりと寄せている。

 サイドの躍動感が薄いことで逆に乾、シンジがサイドへ回る効果が薄くなってしまった感じ。

 マルチネスが自由になれないことで羽田と両サイドのシャケ石神に負担が多かったか。

 羽田はらしくないミスを連発。

 あとシンジもパスの精度があまりに低く、単純に相手に渡してしまったパスだけでも3本くらいあったろうか。

 簡単は良いけど適当はいかん。

 徐々にヴェルディにペースを握られ、シュートの雨あられを浴びるようになる。

 しかし新戦力GK、キムジンヒョン。

 前節書いたように失点シーンを見てもポテンシャルの高さを感じたが、それを遺憾なく発揮。

 守備にリズムが生まれると劣勢だったセレッソが先制弾を叩き込んだ。

 サイドをえぐった乾が1節のリプレーを見ているかのようなGKとDFの間を通すグラウンダーのクロス。

 DFの隙間をシンジが見事にくぐり抜けまんまとゴールゲット。

 痺れる動きだった。家に帰って5回くらいリプレー見てしまった。

 こうなるとセレッソ強し……とは今年もいかないらしい。

 客席から見ていても河野がフリー、しかも見事な動きでDFの裏へ抜け出された。

 ジンヒョンも懸命に飛び出すがループ気味に繰り出されたシュートがバーを叩き、江添の体に当たって同点。

 やや押し戻される形の1-1で後半へ。

 小豆経営者(余談になるがこの日来場者に配られたNomber0という小雑誌。レヴィークルピは家族への約束に『日本食レストランの宣伝をする』と書いていた。なんという奴だw)が何か魔法をかけたのか……。なぜか攻撃が活性化。

 特に沈黙していたサイドの攻撃が活性化し、乾が縦横無尽に動き出す。

 特筆すべきは乾の守備。前線のチェック、そしてカウンター対策で自陣PA付近まで相手を追跡し、スライディングでカット。

 後半はまさに攻守にわたり乾の独壇場となった。

 ヴェルディは乾をファールで止めることになるが、それが命取りになった。

 そのFKをチアゴが頭でそらし(多分カワムに当たって)決勝点となったゴール。

 この後はマーク疲れか中盤も息切れしだしたヴェルディフルボッコにする展開。

 中盤のが緩んでマルチネスが自由になり、右に左にパスを散らす。

 チアゴ、前田がカウンターから飛び出してシュートを打つなど実に多彩な攻撃を繰り広げる。

 しかし相手キーパー土肥も当たりに当たり(特に乾の狭い二アサイドをピンポイントで打ち抜いたと思ったシュートを止めたのは敵ながらなんて奴だと思った)19本のシュートも2点止まり。

 贅沢はいえないがきっちり勝ちきったことでこれも良しとしよう。

 期待のマルチネス

 生で見てさらにファンになった。

 後半40分くらいか、センターサークルやや後方からカイオへのロングパス。

 まあこれはライン際ぎりぎりでカイオがスーパートラップで残したのも相まって実に美しいプレーだった。

 もう一本同じような鳥肌もののパスを見れたし、あとはこの日1本にとどまったシュートをもっと見たかったくらいか。

 前半の厳しいマークの中、球を失うことも少なく、ファールと思われたプレーを流された時すごい勢いで立ち上がりボールにチェックをかけに行くという、日本人の心をくすぐる献身的なプレーも光った。

 何故J2というステージにこのレベルの選手が……小豆経営者の力なのか?

 そして前節と同じ苦言。

 交代枠を使え。

 せめて時間を使うとかあるだろうが。

 コータと羽田、あるいは前節と同じようにチアゴ、シンジにコケ等、前節今節とそれでも逃げれたと思う。

 もしそのミッションを伝えられることなく「逃げ」の現状維持をしているのなら、ピッチ内の選手の個人能力だけでサッカーをしているということになってはいないだろうか。

 余裕があってもなくてもカードが切れないのはどうかと思う。

 先は長い。まだ後49試合とか目が眩む。

 こういう試合を勝ちきるのは全員でやらないといけない。

 ピッチ内外でそれぞれがんばる選手だけがやることではないからね。

 ほんまに頼むぞレヴィ。

試合終了後、コケが嬉しそうだったのが救いか。

余談(今日は多すぎw)

 マルチネスはクールなんだなと思ったが、チアゴのゴールが決まったときに両手を挙げていたのが印象的だった。

 ジンヒョンは馴染めてないのかと思ったが、挨拶の後に次々に選手にのしかかられていた。

 でも羽田はジンヒョンをリアル潰そうとしていたので気をつけなさいw

 あんまり言いたくないけど、ヴェルディに走り勝ったんだとしたら今年はマジで相当強いぞ……。

今日の観戦:生

 味スタで良い思いをしたのは初めてw

 いつも雨降って寒いし負けるし……。

 あと某所で見たがエルゴラ採点、乾が5.5? ふざけんな。

 乾なしで成り立った攻撃があるのか? あの献身的な守備を見てないのか?

 シンジが6.5MVPらしいが上にも書いたし本人も言うが決して出来は良くなかった。

 適当すぎない? それとも俺のほうが贔屓目で見てる?

 せっかくの「サッカー専門新聞」なんだからさ……。