マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2009J2第3節 セレッソ大阪vs栃木SC

大阪長居スタジアム 2009/03/22 13:00キックオフ

天候 何だあの終了後の大雨は

セレッソ1-0栃木

得点:カイオ

 初物には弱い。

  カイオ

 香川  乾

石神   酒本

 マルチ 羽田

江添 チアゴ 前田

   金

ベンチ:多田、藤本、平島、濱田、苔口(→香川)

 でもまあ勝ち点3。

 悪かったのはとにかくシンジ。

 レヴィが言ったがどこかに「代表」がちらついているのだろう。

 呼ばれることは悪くないと俺は思っている。

 でも世界を目指すにしても代表での活躍も、全てはここJ2で結果を出さないといけない。

 度々シンジも口にするし重々承知の輔だろうが、行動はまた別なんだろう。

 先日20歳を迎えた若者にはそれをばっちり実現することを望むのは酷だし、実際望んじゃいない。

 けど代表選出のせいでチャレンジスピリッツが失われているとしたら、それは何の価値も無いことなんじゃないのかな。

 さてゲームはカイオの技ありヘッドで逃げ切った感じ。

 圧倒するチャンスをことごとく逃してしまった。

 前出のシンジもそうだけど乾もスリッピーなピッチに苦しんでいた。

 栃木は俺の好きな悠介がいたのが個人的に嬉しいw

 栃木サポに叱られるかも知れんけど、ぶっちゃけJ経験者たちのプライドが邪魔してる感じがするなあ。

 優勝候補(違和感満載w)に一泡吹かせてやる、JFLから這い上がった雑草魂見せてやるぜ的な。

 間違ってないと思う。けどもっと冷静にセレッソの隙を突くプレーをしたほうが良かったんじゃないかな。

 ベルマーレ反町監督が言う「J1は自分達のサッカーを出すリーグ、J2は相手の良さを消すリーグ」は本当に言いえて妙なんだと。

 特にセレッソは小豆経営者のおかげで自分達の個人(技)をとにかく出していくサッカーになってるからね。

 こういうサッカーはやっぱJ1でやりたい。

 なのでこういう勝ち点3をこの先も拾い捲ること。

 それしかないな。

 んで。

 今日は結果云々より腹立たしいことが2,3あった。

 一つは期待のコケ。

 俺はね、何もいつまでもワーワー走ってろって言うつもりは無い。

 J2、いやJ1含めてもあのスピードを出せる選手はいない。

 JリーグNo1のスピードはシンジや乾にも真似できないことだ。

 俺はコケに

「走る天才」

 になって欲しいんだ。

 曜一朗のように天才と呼ばれるテクニックは無い。ゴールゲッターとしての嗅覚も薄い(失礼)

 でも誰も追いつけないスピード、そこに「動きの質」。これを身につけたら確実に二皮くらいは剥けるんだよ。

 だから帰ってきたときに走ることの意味を考えてきたのかと書いた。

 今日の出場を見る限りまだまだその境地にはいないんだなとがっかりしてしまった。

 レヴィは待ち行列の最前列にいた人間をいくつかのチャンスで最後尾に回す。

 コケがそこに並ばないことを祈る。

 二つ目は上の話にも出したが曜一朗。

 誰が悪いと言わない。

 けども今の状態がチームにも曜一朗にもいい影響を与えてないのは明らかじゃないのか。

 ならば誰が、どうやってチームを、曜一朗を救うのか。

 監督だけじゃない。

 コーチとかマネージャーとか、ちゃんとそういうところを考えろっての。

 はっきり言うとシンジの件もコケの件も、今更だがデカモリシの移籍に関してもそうなんだよ。

 トップに上がってからの育成、フォローにも気を使ってこそ育成型クラブへの転換だろうが。

後は実況アナの「セレッソ」と「はねだ」の発音だw

今日の観戦:スカパー

 まあ上に書いといた。

 イライラしたのはまあ良くも悪くもテレビだからということにしとく。