マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2009J2第6節 セレッソ大阪vsヴァンフォーレ甲府

大阪長居スタジアム 2009/04/06 16:00キックオフ

天候 暖かいっすか?

セレッソ0-0甲府

得点:

 評価が難しいゲーム。

  カイオ

 香川  乾

石神   酒本

 マルチ 羽田

江添 チアゴ 藤本

   金

ベンチ:多田、平島、黒木、濱田(→江添)、柿谷(→乾)

 1点でも入れば「パーフェクト」だったろう。

 まず審判。

 酷いの一言。

 吹田に詰め寄られてPKの笛を吹けなくなったらしいな。

 前半のシンジのあれを吹かなきゃ後は当然吹けない。

 でもあれが流された段階で怒るのを止めて欲しかった。

 訳あって音声無しで見てたがチラリと映る客席から怒号が響いているのは分かったけどね……。まだ05年のあれを反省できてないのかと。

 オフサイドの判定も1本酷いのがあったなあ。

 でも審判以上に決定力(この言葉だけは使いたくなかった)が異常だった。

 実に21本のシュートは全てネットを揺らすことなく消えた。

 相手GK(萩って神戸時代から誰かもしくは何かに似てると思ってるんだが思い出せない)のビッグセーブや、それならとGKまでかわしたシュートもゴールライン上でクリアされた。

 最後のほう、甲府は10番の藤田までゴール前で懸命にクリアにいそしむなど押し込んだものの結局ドロー。

 甲府の選手監督はこぞって「いやぁ、負けないで良かったっす」というコメントを残した。

 それを考えるとこのゲーム、ドローの時点でやはり反省のほうが多く残るゲームとなったんだろう。

 元J1、力のある甲府に組織でガッチリ守られると個人技頼みでは限界が来るということ。

 一方で羽田が言うように無失点で終わったことは評価できるのかもしれない。

 次節は反省力が試されると思う。

 おあつらえ向きに同じく元J1、昨季最後まで昇格を争った(イメージないね、うちがw)仙台との対決。

 ここまで得点はうちの半分だが失点は同数、リーグ2位タイ(1位は甲府

 つまりは仙台もきっちり守れるチームだと言うこと。

 ここで勝ち点3を得れば昇格レースをぐっと優位に進められる。

 その3を得るためには「得点が必要」ということ。

 負け試合でなくドロー後に真価を問われると言うことはある意味ラッキーだ。

あらゆる意味で次に繋げてこそ価値ある試合と言えるようになる。

今日の観戦:ネット

 あれはどういう仕組みで見れるのか……w

 ハーフタイムは尾亦のインタビューは見れなかったけど各国リーグのダイジェストやってるし何かお得感が。

 通称ピコーンなんかもっとびっくり。

 Jユースカップのスコア速報してるし。

 あれは一説によるとスパイ衛星から監視してるらしいw