マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2009J2第11節 セレッソ大阪vs横浜FC

大阪長居スタジアム 2009/04/29 13:00キックオフ

天候 前節のあの天気は国外の話かと思うほど好天

セレッソ2-0横浜

得点:乾、濱田

 よっしゃーよっしゃー。

  カイオ

 香川  乾

石神   酒本

 黒木 濱田

羽田 チアゴ 江添

   金

ベンチ:多田、藤本、平島、柿谷、小松

 ひとまず勝ち点3。

 とにかく1分1敗で首位陥落と悪い流れを切りたいセレッソは全治4~6週間のカイオを1週間で出場させるw

 しかし前半はとにかく横浜のプレスが強く、運動量も多いためなかなかチャンスらしいチャンスが出てこない。

 中でもKINGカズは最高だ。この試合、特に前半はセレッソの選手含めた誰よりも多く走っていたと思う。

 しかもフル出場したしシュート数もチーム最多。

 伝統芸能(もちろん良い意味で)「またぎ」も披露しまだまだ元気な42歳(名前テロップ出たときにマジびびる)

 やっぱ思わず応援しちまうよなぁ。

 とばかり言っていられない。

 元J1とは言え最下位に甘んじる調子の上がらないチームだからしっかり叩きたい。

 相手の出方を見て確信めいたものがあった。

 多分時間とともに横浜の運動量が落ちていくな、と。

 まあそこを仕留めれば良いかと楽観視しながらゲームを見守る。

 しかし黒木がいまいちの立ち上がり。

 腰の引けたタックルや良い位置に現れないポジショニング。

 特に後者はちょっとイライラした。

 チームの中心、ボランチを任されているのに危険な=チャンスを作れるポジションにいないとかびびったらあかんぞ。

 あとでインタビュー読んだら前節から上手く切り替えが出来なかったようだ。

 試合が進むにつれて馴染んだようだし、この試合で自信も付けただろう。

 是非一回り大きくなって欲しい。

 その穴を埋めたのが今日のMVP、濱田。

 黒木が守備を頑張ってくれたと談話にはあったが、優しい先輩になっとるがなw

 前半短いロスタイム、その濱田のエンジェル(スルー)パスに乾が反応、角度0からPAへ侵入。

 解説者、長谷川の「マイナス(でセンタリングを送れ)!」という叫びを余所にw その角度0からなんとゴールゲット。

 野洲時代から「角度0は乾ゾーン」だったようで、本人は全くスーパーなゴールという感覚なし。

 しかし見れば見るほど惚れ惚れするゴールで前半を1-0として折り返す。

 後半も開始早々、横浜は猛アタックを仕掛けCKを得る。

 しかしセレッソはこのCKからのカウンターを決める。

 シンジがゴール前で溜めに溜めて5人くらい群がったところでほぼフリーの濱ちゃんへパス。

 これを右足で少し浮かせたトラップから左足でゴール内へエンジェルシュート。

 綺麗な弾道が文字通り突き刺さった。

 後半立ち上がりだったがこの時点で勝負あったかな。

 多くのチャンスを外しまくったがそれは不問にしよう←何様

 いや、でもGKかわした2本は決めるべきだったかと。

 終了間際に残留日本兵難波を中心としたのバンザイアタックに晒されるもジンヒョン2本のビッグセーブで事なきを得る。

 無事に完封、一応2試合連続完封だ。

 御給、容臺お久しぶり。御給あんま変わってないな(プレー的な意味で……)

 さて、1順目の最大の山場が待っている、アウェーでの湘南戦。

 しかも今節は甲府に0-1で負けセレッソが首位奪還。

 さらになんと田原とアジエルが出場停止になるなど追い風吹きまくり。

 この追い風を生かせないのがセレッソww

 ぶっちゃけるけど「負けなければそれで良い」ので。

 負けると3位まで行く展開もありうるからね、首位or2位あたりで心の平穏を保ちたいw

 ま、でも引き離すまたとないチャンスでもある。

 行くなら行くで札幌戦、富山戦の反省を是非踏まえておいて欲しい。

さ、次で未来が決まるといって良い。それくらいの試合だぜ。

今日の観戦:スカパー

 長谷川のマイナス! の一言で決まりだな。

 まあ実況もあのゴールには絶句してたが。

 俺も絶句したww