マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2009J2第30節 FC岐阜vsセレッソ大阪

長良川競技場 2009/07/26 18:00キックオフ

天候 また雷雨だ

セレッソ1-2岐阜

得点:石神

 現地だが、短く。

  カイオ

 香川 乾

石神   酒本

 マルチ 黒木

羽田 チアゴ 江添

   金

ベンチ:多田、前田、平島(→酒本)、濱田(→カイオ)、小松(→羽田)

 まさに無策。

 先制するシーンとか良かった。

 でも岐阜の選手はハードワークでセレッソを封じ込め、それを打開する策が何一つ無く。

 攻撃が停滞したので2枚換えで4-3-3にした瞬間失点してその後も全く制圧できず。

 当たり前だがピッチに水が浮いてる状態で中盤を厚くしてショートパスで攻める? とかわけわからんし。

 守備も「激しさを」なんて口で言っててあれが激しくだったらもう一回基礎をやり直したほうが言いと思う。

 あとシンジ。

 悪いが今のシンジのプレーが如何に凄かろうと全く震えない。悲しいことだが。

 個人個人は頑張ってるがベクトルが明らかにばらばら。

 サクラッシュと一部掲示板で言われている状態はそれが良い方向に纏まったときだけと実感。

 とにかく岐阜のハードワークとシンプルな「セレッソ攻略」にやられまくった90分でした。

それでも首位か。ありえへんな。

今日の観戦:生

 カイオじゃないよな、あのゴール……。と思ったら石神。

 突然始まる歌、その後1コーラスで終わる。

 ここぞというところ(だと思ったんだろうがこの試合では全く無かった気がする)で微妙なテンポのバモ

 正直厳しかった。

 最後のバモで会場を後に。もう闘う気力も無かった……反省。