マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2009J2第33節 アビスパ福岡vsセレッソ大阪

レベルファイブスタジアム 2009/08/09 19:00キックオフ

天候 晴れなのか?

セレッソ2-2福岡

得点:小松×2

 気抜いた立ち上がりか。

  カイオ

 香川 乾

石神   酒本

 マルチ 黒木

羽田 チアゴ 江添

   金

ベンチ:多田、前田、平島(→酒本)、濱田(→黒木)、小松(→羽田)

 終わってみればこんなもんだけど。

 2失点目がかなり痛かった。

 スピード系の選手だったのだからイエロー覚悟で当たる(羽田が)かさっさとGKの背後へフォロー(チアゴが責任払いで)に行くかしてればと言う印象。

 実際シュートそのものはちっともスーパーじゃなかったから止めれたんじゃないのかと。

 1失点目の久藤ちゃんのはパスかと思ったらシュートだったんだw(狙い通りらしい。流石久藤ちゃん)

 あれは止めらんないな。

 攻撃では4-4-2へのスイッチが功を奏して2得点。ってセットプレーだけだがw

 修正すべきはシンジも言っているが前の3Kが俺が俺が状態になっていること。

 誰のせいだと言いたい気持ちをぐっとこらえよう。

 とは言えシンジはその気持ちを抑えすぎたんじゃないの? と思える動きだったけどね。

 荒れたピッチでは自分らの武器が諸刃の剣であると言うのが身に染みたんだとすれば良いこと。

 岐阜での敗戦も無駄ではなかったと言うことか(それを見に行ったほうはアレだけどな)

 追いついて首位キープはOKだけど、欲を言えば勝てる試合だった。

 勝っていれば随分楽になったと思うけどな。

 勝ち点で1リードしているので次節勝てば2巡目も首位通過。昇格とJ2優勝へ向けてこれ以上無いアドバンテージになる。

 それがたとえ勝ち点1の差であっても、だ。

 ただこの試合のような気持ちではまた不覚を取ると思う。

 順位を考えれば負けてはいけない相手、いや勝たなければいけない相手。

 肝に銘じてU-18が優勝の足跡を記したピッチに自分たちも「トップチームここにあり」を刻んで欲しい。

ここからが本当のJ2と言っても過言ではないと思う。

今日の観戦:スカパー

 久々に生中継を見る。

 布部良い感じだw