マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2009J2第45節 セレッソ大阪vs愛媛FC

大阪長居スタジアム 2009/10/18 16:00キックオフ

天候 おにぎり日和

セレッソ3-1愛媛

得点:船山、藤本俺のコータ、香川

 この勝利はデカい。

 カイオ

苔口  白谷

 船山 山口

  藤本

石神 羽田 前田 酒本

   金

ベンチ:丹野、平島、チアゴ(→山口)、香川(→白谷)、西澤

 行けるんちゃうか。

 まずはやはり螢。

 いやあ、画面から見えるほどガチガチw

 ピッチのどこに居たら良いのかさえ分かっていないような状態だった。

 やっぱ最初のプレーでボールロスとしたのが輪をかけて悪かった。

 球の奪い所っていう集中砲火を浴びたなあ。

 しかしコータもインタビューで言ってたけど、もっと前でやらせてあげたかったなあ、と。

 守備面でもそのコータががっつりフォローしていた。

 そう言えばコータもルーキーイヤーデビューで優勝のかかった最終節とかに出てたんだよな。

 思うところあったのかもしれない。

 そしてレヴィ、前半で代えるかと思ったが後半も出てきて驚くと共にGJと言いたかった。

 あれでひっこめては流石にかわいそうと思っていたし、後半は多少らしさみたいなものも出せていた。

 まあそれもコータの勝ち越し点のお陰かも知れないけどね。コータに良くお礼を言っておくようにw

 そしてゲームの方は螢含めケント、コケと入れ替えたメンバーたちが高いモチベーションで流れを巻き取った。

 まあケントも緊張してたようでw初っ端のフリーのシーンはダイレクトなら入ってたと思うしサテではやってたんだろうなと思うもあえなく失敗。

 しかし2アシストを記録する(デビュー戦もアシスト決めてたな)など本当に我慢してきたんだなと思った。

 そして今日のMVPコケ。

 ゴールこそなかったが動きが素晴らしかった。

 元々両足を器用に使える選手で足はJリーグ1と言って良いほど早い。

 しかしこのBlogでも散々書いてきたがとにかく「走る意味」を分かっていなかった。

 何故自分が走るのか、そしてその快足を如何に使うのか。

 この試合ではまさにそれぞれを体現して見せた。

 圧巻はシンジのゴールになったプレイ。

 ジンヒョンからのスロー=自陣からのカウンターになる展開でカイオのドリブルに合わせ真っ先に前線を走る。

 一旦オフサイドラインへ出てしまうも、タイミングを見てすっとラインの内側に戻ってきてパスタイミングで一気に裏へ出た。

 ほとんどオフサイド(だよ……な、あれは)のシンジが一歩先でボールを受けたためコケの点にならなかったのが残念。

 ウエーブの動き、相手DFを釣る動きや味方のスペースを作る動きもほとんどパーフェクト。

 そしてシュート意識もあった。

 何よりガチガチだった二人に比べて(いや、比べるなよそんなもんw)自信を持ってプレーしていた。

「準備してきたから大丈夫」

 コケのプレーはこう語っていた。

 表のMVPはコータかなあ。でも点を取った3人より、アシストのあったケントより、多分苔口卓也のプレーは印象深かったと思うよ。

 で、残り6試合。

 主力の相次ぐ怪我や出場停止で危ぶまれていたメンバーだが、それぞれが良い結果を出したと思う。

 特にマルチネスを欠いた時は本気でやばいと思ったが船山が大活躍を見せてくれている。

 今節のゴール、ゴラッソでした(久々に横になって飛んでいるもっさんを見た)

 天皇杯でこけたのはある意味良かったんだろう。

 依然シンジの怪我も良くないし、乾は出場停止が残っている。

 そして好調、徳島とのアウェー戦を中2日。

 しかし今日の勝利はそれを乗り越えられると確信できるものにもなった。

 俺たちも好調だ。

昇格まで全員で、全力で。いけるんちゃうか?

今日の観戦:スカパー

 長谷川が大人しかったように思えたが気のせいだろうかw