マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2009J2第46節 徳島ヴォルティスvsセレッソ大阪

徳島・鳴門スポーツセンターポカリスエットスタジアム 2009/10/21 19:00キックオフ

天候 夜です。

セレッソ0-0徳島

得点:

 考えすぎた。

 カイオ

船山  濱田

石神   酒本

 藤本 黒木

羽田 チアゴ 前田 

   金

ベンチ:丹野、平島、香川(→黒木)、西澤、苔口(→濱田)

 そこまで慎重に行かなくとも。

 とはいえ、これは一つの答えだったかとも思う。

 曜一朗を契約の都合で欠く徳島とは言え、羽地や徳さんなど好調の攻撃陣はまさにキレキレ。

 昇格の可能性は無いのだがゲーム開始前は6位、得失点差+21が示す数字は脅威とレヴィの目に映った。

 2巡目には痛恨のロスタイム失点もあったし。

 そこでスタメンには4人のボランチの名前がw

 ハーフタイムの監督コメントは「我慢してじっくりチャンスを伺う」という言葉も出ている。

 3バック、中盤の構成をみると今日はウノゼロで勝とうという日だな、と。

 試合は実際にその通りに進んでいく。

 Jリーグアフターゲームショーのハイライトは実に30分過ぎから始まった。

 徳島の得点の匂いのしない苦し紛れのミドルが実に両軍合わせて最初のシュート。

 中盤で奪い合い(あるいはミスし合い)を続ける。

 セレッソはこの日シャドーの位置に入った船山がカイオとのワンツーで飛び出すも枠を外す。

 ハイライト的にはこんなもん。

 後半はシンジを投入して見どころを増やすも羽田とのワンツーで抜け出したシンジが同じく外すw

 チアゴが足を延ばしてほしかったとか前田の凄い無回転ミドルシュートが飛び出したりと、かなり攻勢。

 徳さんにドリブルで切れ込まれるなどピンチはあったものの怖いのはそれくらいで見事に完封。

 しかしこっちも完封されるという結果になった。

 入っても良いと思うシーンが多かったので結果の割に内容的には見れた試合になったと個人的には思う。

 しかし解説の西村さんが「最後は魂で決める」という言葉が出たように、決定的シーンの中で絶対にねじ込んでやるという部分も欲しかった。

 他所の試合になるが湘南vs鳥栖の田原のゴール、そしてその後鳥栖の猛攻にはそう言ったものがあったように思う。

 決してセレッソに無かったということではないんだけど、集中していればあるいは入っていたかという部分だけに、精神的部分にもう少し上積みが欲しい。

 何度も言うがここからは全て気持ちの問題。

 昇格したい、優勝するんだ、その気持ちが強い方が勝つ……とまでは言わない。

 でも確実にその気持ちがそれらの目標を近づける。

 残り5つ。

 まずはまたしても対戦前に絶好調になる横浜FC

 最短でここでの昇格が、なんて言われていただけにこの結果を受けての中3日は気持ちの切り替えも必要。

 ここを勝ってホームでの昇格決定をとポジティブに行って欲しい。

ま、今日の結果は「焦るな」と言われているように感じたけどね。

今日の観戦:スカパー

 ニシムー、カムバーック。

 的確だし面白い解説をしますね。

 あと螢と曜一朗が並んで試合見てるところが映る。微笑ましい。

 アフターゲームショーで都並さんもセレッソに当確。野々村さんも前節に当確を出していたが。

 しかしこの野々村さんのコメントで唸ることがあった。

「決めないといけない。この時期に内容で勝っていたとかシュート数で勝ったとかではダメ。決めて勝たないと」

 これは甲府(圧倒的に押しながら敗戦した)の試合に関するコメントだが今日のセレッソにも実は当てはまるのでは?

 分けて首位キープ、負けて圏外転落の差こそあれ、この言葉は胸にきた(ニシムーの魂で決める、も)

 都並さんは寺川とコントやってる場合じゃないだろ、とw