マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2009J2第49節 ベガルタ仙台vsセレッソ大阪

ユアテックスタジアム 2009/11/22 13:00キックオフ

天候 意外と温かったらしいです。

セレッソ0-1仙台

得点:

 勝たなあかん。

 小松

カイオ 乾

石神   酒本

 マルチ 羽田

藤本 チアゴ 前田 

   金

ベンチ:丹野、平島、黒木(→香川)、香川(→小松)、西澤(→カイオ)

 と、言い切ることもまた難しいか。

 まあ見てないので試合内容は今回置いとく形。

 前日は甲府vs湘南をパブリックビューイングにお邪魔して観戦。

(後ろの隅っこのほうで立って見てたのでご勘弁を)

 会場に行くまでの電車の中、展開を考える。

 技術や戦力が同じなら勝ちたい気持ちが上の方が勝つ、と良く言われる。

 でも今回は48試合も戦ってきて残り3試合、ここまでの苦労が水泡に帰すかもしれないこの一戦、気持ちさえも互角であると言える。

 じゃあこの一戦、勝敗を分けるのは何なのだろう。

 もしかしたら「運」かも知れない。

 コールやゲーフラまでも上がる中、会場は湘南の電光石火の2得点に沸く。

 しかしシンヨンの落ち着きが素晴らしかったシュートと疑惑(肘入ったからしゃーないし、その前までのジャッジが凄かったからなあw)のPKで追いつく甲府

 このまま分けという選択肢もある、そんなロスタイムだったが両軍まったくそんなつもりは見えない。

 すると湘南のロングボール(FKだっけ?)に甲府GK飛び出す。

 触る前にあざ笑うかのようなヘディングループが炸裂。

 そして。

 このボールがバーに当たる。

 甲府にとってはラッキー、湘南にはアンラッキー。

 しかし。

 この零れ球が湘南の選手の下へ落ちていく。

 ラッキーアンラッキーは一瞬にして入れ替わり、坂本が落ち着いた胸トラップからインステップでボレー。

 サイドネットへ突き刺さるボール。

 テレビ壊す勢いで弾ける群集w 現地では本気で策が壊れたらしいww

 GKの飛び出しがどうのとかシュートが上手いとかいう問題を超えたところでやっぱ決着が付いたのかな、という思い(ある種予想が当たった快感)と、お互いの執念の凄さが天晴れとしか言いようの無いゲームだった。

 さて、セレッソに話を戻すと。

 多分(見てないもんでw)あの一瞬まではお互いに良い緊張感を持った首位攻防戦だったのだろう。

 天王山と呼ぶに相応しい攻防があったのだろう。

 でも敵将手倉森監督曰く、セレッソはあの時引き分けで良いという気持ち、我々は勝ちに拘ったその差だと言った。

 どうもクルピ(今日もクルピ呼ばわり)は最後に何でタイムアップの笛を吹かないんだと激怒してたらしい。

 吹いてりゃ引き分けだもんな。気持ち考えなくても分かるわこっちはw

 そりゃ優勝するためにはここは引き分けでOKなんだけど……ね。

 勝ちたい気持ちの差、となって現れてはいかんでしょ。

 ともかく残りはたった2つ。

 例年通り勝って牡丹餅の日和を待てってことになっちまったなあ。

慣れたくない、こんなもんに。

今日の観戦:ダイジェストのみ

 んー。

 いや、俺アキ大好き。

 でも本人が「ここまで」とした線を引っ張ってまで連れてくる意味は何なのか。

 アキはおろかカイオもシンジも万全じゃない。

 後に控える選手たちは怪我持ちのレギュラーに劣るのか?

 引き分けの笛をさっさと吹けと激昂してみたり。

 監督が嫌いなわけじゃない(とも言い切れないのかな)けど、予てからの疑問は晴れない。

 コケもケントも良かったよね?濱ちゃんはどうしたのかな。

 次からは優勝も、来シーズンの編成も考えた試合になっていくんだろう。

 家族手当出したら来年もこのおっさんが監督だ。

 昇格のために仕方なかったこと、J1で戦うために仕方の無いこと、と言えるよう、やってもらいたい。