マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2009 Jユースサンスタートニックカップ決勝T2回戦名古屋グランパスU-18vsセレッソ大阪U-18

豊田市陸上競技場 2009/12/13 13:00キックオフ

天候:寒いが日差しが暖か

セレッソ0-1名古屋

得点:

 2009年U-18の挑戦は終了した。

 永井 坂口

岡田   野口

 宮田 細見

小池 杉本 一森 夛田

   西浦

ベンチ:鶴崎、古川、道上(→野口)、藤山(→細見)、藤原、南野(→坂口)、風間(→岡田)

 お疲れ様でした。

 ゲームは序盤から名古屋が差し込む展開。

 ただ一森、健勇を中心としたDF陣が踏ん張り、西浦のビッグセーブなどで0に抑える。

 我慢の展開が続く中停滞していた攻撃陣に道上を投入、直後からペースを握る。

 ところが直後に一瞬の隙。

 その道上を左にポジションチェンジ。その時に守備陣に綻びが生まれてしまった。

 間隙を縫うように放たれた名古屋のシュートは見事にネットの右奥に刺さってしまう。

 追いかける展開となりケンジや藤山、拓実と次々に攻撃陣を投入。健勇もパワープレーに参加する。

 道上のヘディングがライン上でDFにクリアされるなど惜しいシーンも作るが結局このままタイムアップ。

 名古屋は10番の子(すんません、メンバー表がどっかいきました)がテクニックとゲームメイク能力に長けていて目に付いた。

 組織的に守備もしっかりできるし好チームでした。

 セレッソ高円宮の時に比べれば良くなってきてた。

 優勝して有終の美を飾ろうって気持ちも見えるし。

 ただなんせ台所事情もあったしね。その中で本当に良くやったと思う。

 守備はこのチームの売りであり生命線だ。

 そこのところは最後の最後まで守り抜いたんじゃないかな。

 U-15の合流組を見ると来期以降も楽しみ。

 初めて見たけど西所属の岡田武瑠。

 これでも遠慮してる(お仲間談)方なの? 全開プレー見たらどうなるんだろう。

 今年は9人の卒業生。

 一森

 永井

 扇原

 宮田

 細見

 杉浦

 山田

 高橋

 道上

 色々と思い入れもあるチームになった。

 三ツ沢のことは一生忘れない。

 今度は絶対トップチームでカップを掲げようぜ。

 昇格する二人だけじゃない、その時はまたみんな一緒だ。

長居で待ってるぞ。

今日の観戦:生

 審判が凄く良かった。

 あと名古屋のホスピタリティ精神には感動。

 ホペイロさん(だろう、多分)も挨拶にいらっしゃるなど運営のみならず清々しく終了。

 もし最後の撤収時にエアロスミスアルマゲドンのあれ)流してくれたら完璧だったと思う。