マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

痺れた

 ぬるぽラすカーリング部のネタばれに配慮して書かなかったですが、みんな生で見てそうなのでそろそろ書いておこうかとw

 今朝方のロシア戦。

 いくらカーリングが逆転のゲームとは言え半分(5END)終わった段階で0-6という圧倒的ピンチ。

 しかもその失点内容がミスによる3点スチール×2。

 残り5END、ロシアは日本に1点ずつ取らせても(先攻後攻はあるにしても)ロシアは逃げ切り可能な点差になった。

 日本時間深夜、1~3ENDのブランクゲームも相まって寝てしまうにはちょうどええ環境が整った。

 セカンドの本橋を見てから寝るか……昼間のロングドライブもあったし。

 本橋は構えて前を向くと、左胸の日の丸エンブレムをポンポン、と2回叩いた。

 大丈夫、と。

 自分に向けたエールなのか、見てる人間(無責任に応援している俺ら)への配慮なのか分からない。

 とにかくこの仕草は俺に一睡もせずに会社へ行く覚悟を決めさせたw

 そしてこのEND、欲をかいた(あの状況下でNo1を取りに行く攻めの姿勢が裏目った)ロシアのミスを上手く突いて3点取り返すことに成功する。

 ところがリードの石崎が交代。リザーブだった山浦が急きょ投入となる。

 感覚が物を言う競技において半分以上終わったゲームへの途中参加。しかも先攻ENDのリード(1番手)。

 これもかなり不利な状況と言える。

 しかし山浦は自信満々にストーンを投じる。

 解説の小林神もしきりに繰り返す。

「彼女は準備をしてきた。大丈夫です」

 そして見事なガードを構築。

 このガードは最後までロシアを苦しめ、なんとこのEND3点スチール。同点に追い付く。

 ミスの出た8ENDで2点を失ったが、9ENDでは有利な後攻。

 着実に仕事をこなしてラストストーンはもしスルーさせても3点獲得の状況を作り上げた。

 あまり派手に狙うとストーンが散ってしまい危ういと解説のGOD小林も暗に「安全策で3点」を示唆する。 

 しかしここで目黒は強気の4点目を取りに行った。

 ここは恐らくロシアがハウスの中央にNo1ストーンを置きに行く(しかこの状況を逃れる手が無かった)のを失敗したことに対して

「私たちはそこへ行けるんだよ」

 ということを誇示して点差に加えて精神的に優位に立ちたかったのではないかと思った。

 残念ながら4点目は無かった。そして狙ったストーンは当たったものの3点を弾くことなく9-8と逆転。

 オーダー通りに10ENDはロシアに1点取らせて延長サドンデスで後攻を取り勝つという作戦。

 これをハラハラしたものの遂行して延長へ突入した。

 延長戦では山浦、近江谷に痛恨のミスが連発。

 有利な後攻めとはいえお互い1投ずつを残しNo1ストーンはロシア。ここはガードを置いて守りにきた。

 が、これがラッキーなことにミスショット。ロシアは目黒のミスを祈るばかりとなってしまった。

 決して難しくないショットではあったがこの緊張感の中では難しかっただろう

 目黒は普段通りに投げて見せた。

 解説と実況が相手のガードに当たる!当たるなぁぁぁっぁぁ!と絶叫する中、見事にヒット。

 結果的に3点を獲得しての大逆転勝利となった。

 この試合ビッグショットは出なかった(と思う)

 けれどもほんと、ゲームの流れを取り戻しキープした。

 最終ショットは9ENDの強気の攻めがあったからこそイージーショットを正確に決められたんだろうし。

 正直本人たちも諦めから来るふっきれであることを認めながらも試合を投げなかったことが良かったとコメントした。

 イギリス戦のようなビッグショットの応酬も楽しいけどこういう展開もまた楽しい。

そして現在ドイツ戦。ワンセグ忘れた……。