マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2010J1第1節 大宮アルディージャvsセレッソ大阪

NACK5スタジアム 2010/03/08 15:00キックオフ

天候 寒い寒い雨。

セレッソ0-3大宮

得点:

 全てにおいて準備不足。

 アドリアーノ

 香川 乾

尾亦   高橋

 マルチ アマラウ

上本 羽田 茂庭

   松井

ベンチ:丹野、藤本、酒本、石神、山口、播戸(→上本)、家長

 情けないと思うが、残念ながら予想の範囲内であった。

 個人のコンディション不良も準備不足によるものだと思う。

 代表に行っていたシンジが思った以上に重かった。

 石神のブログに「走れなくてびっくり」と書かれていたアマラウは明らかに調整不足だった。

 マルチネスも来日してからの日の浅さを全くカバーしきれていない。

 こんなヘナチョコ外人ではなかったと思う。

 アドリアーノは体はそこそこ切れてたものの、誰がどう動くのか殆ど把握できずに攻撃が単発で終わってしまった。

 尾亦は全くクロスを上げず。

 最後の方は戻した球を奪われてあわや4失点目というシーンも。(ラファエルが負傷してセレッソにとっては事なきを得た)

 高橋は滑りまくり。突破からクロス、というシーンで力一杯滑ってしまったシーンでは大宮サポでさえ黙ってしまうほど。

 チームの直前練習がやたらと短かった(遅く出てきて早く帰った)のでこのグランドコンディションを把握しきれているのかと心配したが案の定だった。

 大宮の選手も滑っていたのであのピッチは仕方ないがセレッソの選手の方が圧倒的にその回数が多かったのは単にアウェーという理由だけではないのでは? と思った。

 (シンジ、ミズノに戻らないかな……あの3本線スパイク本当に合ってるか?)

 1失点目は松井が少し目測を誤ってるがCK直接という不運。

 3失点目はバーの跳ね返りを押し込まれるというノーチャンス。

 そう見れば何も厳しいものではない……とする見方もあるけどそれはいわば必然。

 点差以上の差があったし、これらが無くても他で同じように3失点していただろう。

 本当に、本当に。

 クルピよ、J1というかJリーグ舐めてるだろ?

 始動が遅くて苦労したのは今年が初めてじゃないだろ?

「1ヶ月も準備期間があるなんて、ブラジルに比べたら天国」だぁ?

 ヒゲカジが以前にそのことをサポーターに指摘されて「一応提案はしているが、監督に任せている」と答えていた。

 ごらんの有様だよ

 何が「この後ダービーで立て直す」だ。

 立ってないんだよ! 直すとか直さないじゃなくて、立ってないんだよ!

 始動日にいなかった監督、ブラジル人2人のスタメンとかでどうやってモチベーションマックスの相手に勝てると?

 素人目にも「火を見るより明らか」とはまさにこのことかと。

 そんでもまあ、応援しなきゃいけないわけで。

 アドリアーノはコンディションと連携が合ってくれば、ひょっとすると凄いことになりそう。

 乾やシンジとの絡みでいくつかビッグチャンスもあった。

 そして播戸との2トップになってからは特に感じた。

 その播戸は流石だなあと唸らせてくれた。

 あの小さな体でゴール前であれだけの迫力を持っているのは日本でも有数だろう。

 惜しいヘディングもあったし、近年居なかった「フィニッシャー」として抜群のパフォーマンスを披露してくれた。

 昨日のような試合でも駆け足でサポーター前に挨拶に来てくれたし。

 この状況(ずーっと続くセレッソの系譜)を打破できるのは播戸しかいない。

 あと茂庭。

 コールの時に深々とサポーターにお辞儀、そしてセレッソのエンブレムをぽんぽんと叩く。

 嬉しいなあ、と思う。

 潜在能力は流石と思わせるプレーも合ったし、ここもコンディションが上がってくれば。

 ベンチに螢が入るなど若手成長株も引き続き好調(クルピの唯一の功績だと思う。これがなければ……)

 今年はボランチらしいマルや1年目とか関係ないと公言する龍、怪我で出遅れたがタカのポテンシャルも楽しみに。

 とにかく実戦で2倍取り返せるとしても3月中、4月くらいは我慢の展開だろう。

 悪いものは出してしまおう。悪い監督も出してしまおう。

 去年終わった段階で「絶対残留」が個人的目標。

 最下位スタートはある意味吹っ切れるのでそれもまたヨシとしておこうかと思う。

 大宮の塚本選手。

 微力ながら募金させてもらいました。

 その為にホーム側で開いていた募金箱のところまで、試合終了後にも関わらず入れるように考慮していただいた警備員の方々、撤収準備の中わざわざ募金箱を出してきてくださった係の方、ありがとうございます。

 俺は良く「また一緒にサッカーをしよう」と言います。

 俺らはピッチにはいないけど一緒に戦うことでサッカーをしています。

 たとえ病魔がボールを蹴れない体にしてしまったとしても、命ある限りきっときっと、俺たちは一緒にサッカーが出来る日が来るはずです。

 だから待ってます。

 あなたの愛すべきNACK5スタジアムで。長居で。全国のJリーグ会場で。草サッカー場で。空き地で。公園で。

 また一緒にサッカーをしよう。

 俺は寒さと募金箱探しで参加出来ませんでしたが、最後のエール交換、ありがとうございました。

 Jって素晴らしい。

 シーズンオフは世界のサッカーを見てレベルの差に愕然とすることもあるけど。

 

俺たちの中で唯一無二の最高峰リーグ。開幕。

<今日の観戦:生>

 帰りの反省会会場、大宮の天下一品にて小田原でお世話になったシュライカー大阪サポーターの方に偶然バッタリとお会いするというサプライズ。

 愚痴を聞かせてしまい申し訳ないですw