マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2010J1 第3節 FC東京vsセレッソ大阪

味の素スタジアム 2010/03/20 19:00キックオフ

天候 この時期ナイター? と思ったが超強風でも温かった。

セレッソ0-0東京

得点:

 中々やるじゃないか。

 アドリアーノ

 香川 乾

尾亦   高橋

 マルチ 羽田

上本 藤本 茂庭

   キム

ベンチ:松井、酒本、石神、黒木(→上本)、播戸(→アドリアーノ)、家長、小松

 正直スマンかった。

 NACK5で見たチームとは別だった。

 流石にあれは酷すぎたか。

 茂庭が試合前のエルゴラで語っていたらしいがセレッソは(今季も)個人技のチーム。

「だから個人がもっと考えていかないと」とも。まさに俺と同意見(キリッ

 実戦に入りようやくそこらが切羽詰って分かり出したと言う感じにも見えるが……。

 良かったことは主に守備。この3バックはとてつもなく機能していた。

 アンカーの羽田は十分にマルチネスの守備負担を軽減していたし、ケガが癒えてもアマラウの出番は減るのでは?……まあそれはないな。小豆が監督のうちは。

 お互いのカバーリング、ポジションチェンジも冴えてた。

 そして守護神、キムジンヒョン。

 試合勘の不足が散見されたもののビッグセーブもあり、やっと俺たちの守護神が帰ってきて開幕できると思えた(すまんな、松井)

 BSでのインタビューは「なぜこの男がつまらないことで切れて審判突いて2試合停止なったのか」と思えるものだったw

 さらに見違えるようだったのは両サイド。小豆が尾亦を使っていた理由が少し分かった。

 守備が良い。周りとのコンビネーションもあって石川を封殺することに成功した。

 何より香車だったサイドが桂馬のようにゴール前へ入り込んで良く姿が両サイドで見えた。

 憧れだった味スタ(東京ユースのプロ1号組)で恩返しをしようと言う気迫も見えたし、暫くは尾亦か。

 しかしもっとキックの精度は欲しいし、攻撃に関して一味ということではガミさんもやはり見てみたい一人。

 攻撃に関しては何も言えない。

 シンジ、本当にスパイクのせいにしたいくらいなんだけど……。

 乾はかなり「トップ下」的な動きが板についてきた。

 ここはイチバチでシンジに変えて播戸というの選択肢としてはあったかもしれない。

 けどまあチームがフィッティング期間だと言うし、それで言えばシンジがフィットしてないからと言って外すというのもおかしな話か。

 大エースなんだしね。

 でもその3本線の(以下略

 ゲーム良い守備とダメな攻撃でスコアレスドローと言う極めて当たり前の地点へ着地。

 播戸が3本のうちのどれかを決めてれば……あるいはアドとの2トップならどれかが決まっていたような気も……。

 最後のあれを外しホイッスルが鳴った時、俺も播戸と同じようにへたりこんで天を仰いでいた。

 決めとけよと、あれを入れるために来たんだろと。

 その辺は本人が良くわかってそうなブログ更新の早さだったので(恐らく帰りのバスか?)まあ次に期待しようかなと。

 決して自惚れじゃなくて、自分が決めていればというは「仕事」として。

 ポリバレント全盛のこのご時世、どのチームでもフィニッシャーだけで10年仕事をしてきた男だ。

 そのプロ意識は流石だなと思う次第。

 でもここまで3節未勝利と言うのも事実。

 上とは開いてないがまだまだ下から3つ目、早く初日を出したいところ。

 次はレッズ、こちらも若干仕上がり不足なだけに得意の長居で是非勝ち点3を頂きたい。

大分、立ってきたと言うべきか。

<今日の観戦:生>

「見てる人には面白い試合だったでしょうね」は完全に失言レベルだと思うわけだが、どうか。