マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2010ヤマザキナビスコカップ第2節 セレッソ大阪vsアルビレックス新潟

大阪長居スタジアム 2010/04/14 19:00キックオフ

天候 そら夜はまだ寒いわな。

セレッソ0-1新潟

得点:

 まあ見てないのでデータのみで。

 アドリアーノ

 香川 乾

尾亦   高橋

 羽田 アマラウ

藤本 前田 茂庭

   キム

ベンチ:松井、酒本(→高橋)、石神、黒木、播戸(→茂庭)、家長(→羽田)、小松

 監督がブレてるw

 正直「ベストメンバーで全力で」と言いながら(前日から姿のなかったらしい大海は兎も角)マルチネスのところに羽田なの?

 それが一番解せないし、後半から家長(とまだ書かねばならぬ事になったか)投入は良いんだけど下げるのが羽田とか。

 スタッツ見ると小豆は「勝っておかしくない試合」だけど選手のコメントは「連携も何もあったもんじゃない酷い試合」だ。

 そして見ていたサポーター達も選手と同意見のほうが多いようだ。

 家長ボランチや播戸アドの2トップ、シャケの今季初投入など、実験的な部分も見受けられるのになあ、となってしまう。

 小豆が言う「10試合」までもう2試合しか無い。

 まだまだ選手個人のモチベーションとフィーリングでしかサッカー出来ないチームで、それが後2試合でどうなるの?

 10試合で基礎、10試合で応用、残り10試合で本気出す! ってことか?w

おい、マジでそんなつもりじゃないだろうな?

今日の観戦:見てない

 どこか全戦中継の放映権買ってくれ。

 なんかもうひとつ伝わりきれてないな。

 個人はみんなすごく頑張ってるし、誰が出てこないから云々言うつもりは無いんだけど。

 その個性が絡みあってサッカーを作ってる感じがしてこないんだよね。やっぱ。