マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

月のぬくもり

 はやぶさ帰還のニュースに感動。 詳しい説明はこういう所らへんに譲る。 wikiも見とくべし。 まあ紆余曲折と言うにはあまりにもタイトなロープを渡り続けて7年宇宙を旅してきたらしい。 帰還間近になってネット上で盛り上がりを見せて来たので注目してた。 特にこの探査機を擬人化して「はやぶさ君」とか「はじめてのおつかい」などと盛り上がっていたらしい。 JAXAの方でもこの盛り上がりに同調。 ツイッターは「はやぶさくんのつぶやき」というスタイルで書かれている。 擬人化フィギュアのJRといい、そういったノリの分かる機関は好きよ。 あ、そう言えば「はつね」と付けようと言われていた東北新幹線E5系は【はやぶさ】になったそうだ。 今週水曜日から運行されるそうでこれも何かの縁なのか。 閑話休題。 でも迂闊に擬人化したものだから最後が大変。 なんせ採取したカプセル(大気圏突入出来る)を地球に届け、自身はそのまま燃え尽きると言う。 そんな切ない話があるかっての。 何度ももう駄目だと言われ続けた中、必死に帰ってきたのにその任務はカプセルを届けることと。 ツイッターでは弟に当たるらしいあかつき、イカロス君との最後の会話とかも。 (むーん、やはり時代はツイッターか……) 「最後に兄さんに帆を広げた姿を見せられて良かった」 「IKAROSバイバイ、僕の大切な弟」 泣くわボケ。 混雑しまくるネット中継の中で奇跡的にここで見れた(これは録画です。便利だわUStream) もっとしょんぼりした物になるかと思ったら空を照らすほどの火球。 おかえり。 そしてさようなら。 地球の大気に抱かれて地球へ「還る」旅だったらしい。 最後に技術者達が「7年ぶりに戻ってきた故郷の姿を最後に撮らせてやりたい」ということで内蔵カメラで取った地球の写真に良い感じにノイズが乗ってると言う念の入れよう。 涙に濡れたような写真。 タイトルは俺的脳内BGM。 手嶌葵の「月のぬくもり」 これのゲームも持ってる(プレイ中なのでネタバレ勘弁ねw)んだけどiTunesで買っちゃった。 はやぶさには何も貢献してないがw このニュースがあまり大きく扱われないのはW杯期間だからじゃないよな。 技術大国日本、こんなことで平気か? そして今朝、しっかり届け物が到着している様子が公開された。 「そっと優しく地面に置いたかのように大地にたたずんでいます」 そんなん書かんでよろしい。泣いてまうやろ。 このカプセルには実はイトカワの物は入ってないかも知れないらしい。 (タッチダウンの失敗のせいで) んでも運用に関わった膨大なデータは貴重な宝ものになる。 はやぶさくん、本当にお疲れ様。安らかに。