マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2010J1第13節 アルビレックス新潟vsセレッソ大阪

東北電力ビッグスワンスタジアム 2010/07/17 19:00キックオフ

天候 新潟は涼しそうだが夏は夏

セレッソ1-1新潟

得点:アドリアーノ

 良く頑張りました。

  アドリアーノ

清武 乾 家長

 アマラウ 羽田

丸橋 藤本 茂庭 高橋

   キム

ベンチ:松井、山下、酒本、石神(→丸橋)、黒木(→乾)、播戸、小松(→清武)

 本当は勝ち点3が欲しいのは当たり前だけども。

 試合全体としては最初の押してる時間帯は負ける気しなかったけど、失点してからの運動量の低さに泣けた。

 でも良く動いたと思うよ。

 特にアドリアーノ

 前節はコンディション不良で交代かと思ったけど、この日は90分唯一ガツガツ走ってた。

 もう一人はハネ。最後のシーンでアドに球を預けたあとに猛ダッシュでゴール前へ。

 そこへ出しても面白かったがアドも体制十分なシュート、しかしGK正面をつく。

 直後のホイッスルで最もゴールに近いところで倒れこむ両者。

 この姿だけでもこの試合は褒める価値があるんじゃないかなと。

 コメントでハネが「アドは決めて欲しかった」とキレ気味に(?)語ってったのも頷けるシーンでもあるがw

 小豆も語ってるがこういう試合も含めてフィジカルが強化されて出てくるのがもう少し先になる。

 夏場が辛いが交代選手含めてハードに戦うことが秋冬にかけての戦いを変えてくれるはず。

 長居ラストマッチ含めまた連戦が待ってる。

 フィジカル強化含めてチームが順調に伸びていくためにも踏ん張りどころ。

 是非早期残留+上位進出で。

しかしまあアレですね、審判。

今日の観戦:スカパー

 こうやってみると日本てサッカー実況者不足?