マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2010J1第15節 清水エスパルスvsセレッソ大阪

アウトソーシングスタジアム日本平 2010/07/27 19:00キックオフ

天候 晴れてるでしょうも

セレッソ2-3清水

得点:オウンゴールマルチネス

 やはり強豪とやると厳しい。

  小松

 清武  家長

山口 アマラウ

  羽田

丸橋 上本 茂庭 高橋

   キム

ベンチ:松井、藤本、酒本(→高橋)、マルチネス(→山口)、播戸(→羽田)

 でも切れずに良くやった。

 3-0から盛り返して3-2っつうのは上出来だと思う。

 でも3失点のうちの2点目、中盤でロストして1本のパスでやられたのはここ最近のうちらしくない。

 これも中盤が間延びした弊害かな。

 先発予定の黒木が怪我して急きょ螢が先発となる。

 同じくJ1初先発となった塁にしても出来自体は悪くない、

 だけどもやはりチーム全体としてこの二人が入ったらどうしましょうというのが見えてない。

 もちろん螢も積極的に前に絡んで行って欲しいと思う部分もあり(乾の代わりみたいなもんだし)シュートゼロに終わったのは寂しい。

 センスに長けてる選手なんだし、放任主義小豆体制下ではもっとガンガンやっても問題無いぞ。

 んでマルはA契約達成。

 オウンを呼び込んだFKも逆に狙い通りだろう。良いキックだった。

 マルチネス復帰も今後について好材料

 まだ90分無理っぽいけどプレーは健在。

 あのFKは痺れたなあ。あれだけ力の入っていないフォームから凄いスピードのボールが蹴りだされる。

 去年の熊本戦だったかな。同じようなFK。J1でも通用するようで何より。

 なんやかんやこういう試合で課題も出てきたしサブ組と呼ばれる選手の底上げ(シャケなかなか良かった←カッコ書きかよ)もやって次へ向けて消化していきたい。

 いまいち調子の上がらない磐田では連敗しないことがまず大事。

 主力が戻るがチームとして抱えてる問題をそのまま見過ごすことなくやってほしい。

 大事な大事なキンチョウスタジアムこけら落としもある。

 繰り返すけど「チームとして」完成度が上がらないとこのレベルの相手には厳しいことが露呈したのだからきっちりトレーニングして潰していこう。

目標を上方修正できるように。

今日の観戦:スカパー

 流し見程度です。すみません。

 けどもちら見してる中で5得点は全部見れたのでw

 アナウンサーがマルをべた褒めでしたね。

 解説のヤスにいちいち同意求めるしw