マグロの鳴き声Ver3.2

セレッソ大阪とか日常を書くチラ裏です。

2010J1第19節 セレッソ大阪vsFC東京

キンチョウスタジアムA2010/08/18A19:00キックオフ

天候 30度の西京極を上回るK.O.時間に35度

セレッソ4-1東京

得点:アドリアーノ、高橋、黒木、石神

 念願の初ゴールを手に入れたお。

 アドリアーノ

 清武 乾 家長

マルチネス 羽田

丸橋 上本 茂庭 高橋

   松井

ベンチ:丹野、藤本、石神(→清武)、酒本、黒木(→乾)、小松(→アドリアーノ)、播戸

 ナイスゴールだお。

        ___

     /      \  アドリアーノ

    /   ⌒   ⌒\

  /     ,(⌒) (⌒)、\   

  |     /// (__人__)/// |   

  \      ` ヽ_ノ   /   これで蚊に刺されずにすむお!

    ヽ    , __ , イ

    /       |_"____

   |   l..   /l蚊取り線香l

   ヽ  丶-.,/  |_________|

   /`ー、_ノ /      /

 右に流れたアキさんからのベルベットクロスをファーでフリーのアドリアーノが難なくヘッド。

 あれほど遠かったこけら落としでのゴールがいとも簡単に。

 リプレイの角度によってはゴールの瞬間に阪和線がちょうど背後を通過しててワロス

 なんせ初ゴールだけは譲れないと思ってたんで前半4分の時点でなんか終わった気になっちゃったw

 更に東京の森重がカレー2枚で退場。

 確かに手は出てるけどアドリアーノの飛びが良かった気がする。流石のジャスティス裁き。

 これでもう付け入る隙を全く与えない。

 後半さあ巻き返すと意気込む東京を尻目にこちらもわずか5分、塁の突破からのシュート性のクロスを詰めていた高橋。

 高橋曰く「塁のパターンの奴や!」という、確かにお得意のプレーw

 左で1フェイントを入れてゴールライン際までドリブル突破。

 サイドバックでありながらここへ詰めてたユニバ代表の2トップコンビ(いや組んだことがあるかどうかは知らないw)

 去年ガミさんがこういうボールを

「100回に1回来るか知れないなら、100回とも行くしかない」

 と言ってたが、高橋もこのメンタルの持主。

 ガンガン選手を変えてくる東京。しかしこちらは本格的にエコモード。

 交代があまり機能していないのを見るとなんと生命線である3シャドウのうち2枚を同時に交代。

 守備的でありながら攻撃的な交代というか、のってるチームだから言えるのかもしれないが絶妙なところ。

 しかもこの交代で入った2人がゴールするという神がかり的な展開。

 黒木はだれてきた試合に喝を入れるスーパーミドル。

 しかも左足の良い感じで力の抜けた美しいフォームからえげつない弾道で刺さる。

 この時のサポーターの「花が咲いた」感はやっぱ良いよね。

 専スタ最高だよね。

 オフサイドのゴールにはほとんど全部釣られなければいけないという辛さくらいw

 この後「2-0なら入れられてないだろうな」と思える失点。

 実に4試合ぶりの失点とかなにそれ。

 ヒールで流されて見事なカットインから取られた。

 とは言え3-0で人数も足りてた事を考えるともう少し何とか出来なかったかと思う。

 要反省ですよ。

 しかしわずか1分後、ガミさん得意のブレ球が権田を襲う。

 キャッチしようとした胸に当たって股を抜けるというミラクルw

 あのボールやっぱきっついわ。

 でもどうやら権田は中学生のボールボーイに暴言を吐いてあの近さからかなり弄られたようなので……w

 これであとは何の苦労もなくクローズ。

 正直大黒が残っていたらもう少しいかれてたかもしれないが、下げてくれて助かった。

 しかし羽の安定感。

 マジで次も先発で良いんじゃないのと思うが、まあアマラウになるんだろうな。

 そして忘れてはいけない松井もGJ。

 セーブだけでなく飛び出しが上手くいってるのでラインが保てて中盤崩壊しない&サイドバックが攻撃できてる。

 代表入りを期待される石川とか「サイドバックのご用命はFC東京」と言われるチームに対してサイドを制圧したからなあ。

(オマも東京出身SBだな)

 こういったいわゆる「2番手」とされる選手たちの活躍が目立ってきた。

 羽、黒木、ガミさん、コータ、播ちゃん、塁、松井。しゃ、シャケはまあ……この前は良かった……よ。

 

 強すぎてやばいね、勢いもあるし。

 次の鹿島は「狙っちゃおう」か。

 ほやほやした気分を戒めるのが普通なんだけど、連戦で疲れも溜まってるし、逆にはっちゃけてしまおうってことで。

 なんと鹿島に勝てば同勝ち点ながら得失点差で順位が逆転。

 相手はドロドロのドロー沼にハマってる上に中蛸とジウトンが出場停止。

 長居じゃなければ効果は薄いけど相性も悪くない。

 ここで突っ込んで「勝ちを取ろうとする姿勢」を見せても良いかもしれない。

 それに自分らの力を思いっきり試せるのは3連覇中の超強豪以外にないと思わないか?

 んで返り討ちにあえば頭も冷えると思うし。

 上を狙える立ち位置、それが本当に地に足の着いたものと言えるのか、思いっきり背伸びして試してみるのも一興。

 但しもし勝った時に舞い上がらない事も大事かと思うけど。

 うおお、土曜が楽しみだ。

 ここで突然、攻殻機動隊・公安9課荒巻課長のお言葉

我々の間には、チームプレーなどという都合のよい言い訳は存在せん。

有るとすればスタンドプレーから生じる、チームワークだけだ。

まさか小豆の野郎……。

今日の観戦:スカパー

 日テレ系のNTVアナウンサーだが前も言ったけど上手くなってる。

 見れば分かることをグダグダ説明し直さない姿勢に好感が持てる。

 ただゴールを盛り上げようとし過ぎかな。

「か・が・わ・し・ん・じ!」が忘れられないw

 そして是非上田滋夢さんを専任解説にw

 あと前も書いたんだけど、ゴール割られた側の選手の顔、後で流せば良いから!

 ゴールで喜んでる選手を映せ!

 この日のお客さんはミッドウイークでも9000人。

 夏休みを考えると少し物足りない気もするけど、満足のいく絵になるね。

 その中でこのパーフェクトな試合、客も増えると良いね!

 と思ったけど関西支部長が書いている通り、当日一番安い席が4000円からってなると二の足を踏むと思う。

 長居との兼ね合いもあるとは思うけど、もう少し頑張っても良いと思う。

 あと場所を広く取っちゃうゴール裏住人がいるらしいけど、消防法なんてこまけえことは(ryって感じでチケット売っちゃおうぜ。

 ぎゅーぎゅーに詰めちゃえばその人らも詰めざるを得ないでしょw

 完売のはずなのに結構隙間が見えてたからなあ。

 秋春制が現実味を帯びてきてる気がする過密日程と酷暑……俺は暑い方が好きなんだけどなあ。

 でも湘南vs京都の最後のあれは少なくとも冬場なら誰かがクリアできてると思う。

 サッカーの質を下げたくないからW杯があったとはいえ日程を考慮してくれと平ちゃんも言ってた。

 詰めるのは秋でも良かろうも。

 と若干追記が長くなるのでした。